こどもの日のお祝い金額の相場は?お祝いの年齢は何歳まで?

こどもの日のお祝い金額の相場はいくらくらいなのでしょうか?

また年齢は何歳までお祝いするのでしょうか?

そしてこどもの日のお祝いを渡すときの言葉やプレゼントを贈るときのメッセージ例も紹介していますので参考にしてください。
こどもの日のお祝い
こどもの日には、男の子がいる家庭では、毎年今まで元気に成長してくれたこと、そしてこれからもすこやかに成長してくれることを願い、お祝いをしますよね。

特に大切なのは初節句。

初節句の場合には、お祝いを行うだけではなく、お祝いの品をプレゼントしたり、お祝い金を贈ることが多いもの。

もちろんきちんと気持ちを込めたメッセージをつけて贈ります。

ここでは、そんなこどもの日のお祝いの金額やメッセージ、そして、意外と知らないいくつまでお祝いをすればいいのかを見ていきましょう。

    目次

  • こどもの日のお祝い金額の相場はいくらくらい?
  • こどもの日のお祝いの言葉やメッセージ例!
  • こどもの日のお祝いの年齢は何歳まで?
  • まとめ
スポンサードリンク

こどもの日のお祝い金額の相場はいくらくらい?

こどもの日のお祝いを送る場合、金額の相場はどのくらいなのでしょうか?

こどもの日、特に初節句というのは、とても大切なものです。

初節句の場合には、周りからプレゼントやお祝いを贈るというのが一般のマナーになっていますよね。

ただ、こどもの日のお祝いといっても、どのくらいの金額のものを贈ったらいいのかイマイチわからないという人も多いと思います。

まず、最初に考えてほしいのが、初節句を迎えるお子さんとの関係です。

兄弟や親戚の場合

兄弟や親戚であれば5000円~1万円程度。

友人や会社関係の場合

友人や会社関係のお子さんであれば、3000円~5000円程度がおおよその相場といわれています。

祖父母からの場合

そして一番気になるのが祖父母からの、こどもの日のお祝いです。

地域や家庭によって違いはありますが、実は孫の端午の節句の五月人形など、そして桃の節句のひな人形などのお飾りは、外孫の祖父母が用意するという事が多いそうです。

その為、内孫の場合の祖父母であれば、お祝いの相場はだいたい5万円から多いところでは30万円程度。

しかし、外孫の場合には、お飾りを合わせて用意する関係で少なくても15万円程度から30万円程度と一気に金額が跳ね上がってしまうのです。

ちなみに私の住んでいる地域では、男の子のお飾りは母方の祖父母、女の子のお飾りは父方の祖父母がプレゼントするという習わしになっていますよ。

スポンサードリンク

こどもの日のお祝いの言葉やメッセージ例!

こどもの日のお祝いの時には、もちろんお祝いもしますがその時にお祝いの言葉をかけてあげることも大切ですよね。

直接お祝いを一緒にすることが出来なくても、こどもの日のお祝いのプレゼントなどにメッセージを添えて送るようにしましょう。

ただ、このお祝いの言葉、すらすらと言える、または書ける人ならいいのですが、意外と悩んでしまうものですよね。

ここでは、こどもの日のお祝いの言葉やメッセージの例を紹介します。

初節句の場合(祖父母向け)

子どもの日おめでとう。

お祝いに鯉のぼりを贈ります。

大空を泳ぐ鯉のぼりのように、のびのびと健やかに育って下さい。

初節句の場合(改まった文章)

初節句のお祝いを申し上げます。

お孫さんのお健やかなご成長と、ご家族の皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

お子さんに向けて

◯◯ちゃん(くん)へ

子どもの日おめでとう。

名前のとおり、○○○○な子に育ってください。

健やかな成長を祈ります。

こどもの日のお祝いの年齢は何歳まで?

お子さんが小さなころは、毎年家族や祖父母が集まって、こどもの日のお祝いをにぎやかに行うところも多いですよね。

しかし、子供が大きくなってくると、だんだん子供自身もお祝いを嫌がったりする時期が来ます。

では実際にこどもの日のお祝いは何歳くらいまで行うものがいいのでしょうか?

厳密にはこどもの日のお祝いを何歳までやらなくてはいけないというものは特にありません。

両親はともかく、祖父母にとっては孫はいつまでたってもかわいいものですからね。

ただ、子供自身も男の子なので、さみしいものですがだんだん嫌がってしまったりする時期が来ると思います。

そんな時が来たら、たとえ兜などを飾らなくても、お祝いをしなくても、こどもの日に由来のあるかしわもちやちまきを食べるだけでもいいのではないでしょうか?

ちなみに「こどもの日」というだけあって昔は子供が元服する15~17歳くらいまでが、こどもの日をお祝いする年齢の目安だったようですよ。

まとめ

こどもの日のお祝い、特に初節句の場合には盛大にお祝いをするものですよね。

お祝いに欠かせないものには贈り物もありますが、何よりもこどもの日というのは子供の健やかな成長を願って行うもの。

ぜひ、趣旨を忘れずに心を込めて、お祝いをしてあげてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ