除草剤は安全?身体や赤ちゃん・子供・ペットに害はないの?

除草剤

暖かくなってくると、庭のあるご家庭の人はやっぱり雑草が気になりますよね。

目にするたびに少しずつむしっていても、春になると爆発的に増えてくるので、なかなか人の手だけで処理をするのが難しくなってきます。

そんな時に便利なのが除草剤ですが安全なのか心配になります。

身体に害はないのか?赤ちゃんや子供がいても大丈夫か?犬や猫などのペットを飼っていても使用していいのか?

これらについてもお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

除草剤の安全性は?身体への害の心配ある?

除草剤には

  • 粒状タイプ
  • 液体タイプ
のものがあります。

液体の除草剤の特徴

液体タイプの除草剤は即効性がありますが長持ちしないという特徴があります。

粒状の除草剤の特徴

粒状タイプの除草剤は効果が出るまで時間がかかりますが、1シーズン位は効果を発揮してくれます。

除草剤の人体への影響

除草剤・枯葉剤というとまず思い浮かべるのがベトナム戦争で使われた枯葉剤によって生まれてくる赤ちゃんが奇形になってしまったという事です。

除草剤・枯葉剤というものはあまり差はありません。

除草剤というのはやはり毒性があり身体に害を及ぼすものというイメージが強いですが、今販売されている除草剤のの中には人やペットに安心の除草剤なども販売しています。

もちろん全てという訳ではありませんし、除草剤によって人へ害を及ぼすかどうか、その毒性というのは除草剤によります。

⇒ペットがいても安心!食品添加物100%の農薬不使用除草剤

なので、小さなお子さんやペットを飼っているという人であれば、食品添加物から作られたという除草剤の方が安心して使用できるのではないでしょうか。

除草剤の安全性は?赤ちゃんや子供がいる家庭でも使用して大丈夫?

除草剤をまくとなるとやはり一番心配になってくるのは小さな子供への影響です。

除草剤は赤ちゃんや子供に影響ある

一度撒いてしまえば子供の事ですから気にせずに触ってしまうという心配が出てきてしまいます。

今は無害という食品添加物で作られている除草剤も、草を刈らすわけですから100%安心とは言いきれませんよね。

そもそも除草剤というものは生きているものを枯らしてしまうものです。

なので、特に小さな子供がいる家庭であれば、使わないに越したことはないと思います。

もしどうしても除草剤を使うというのであれば、

  • 除草剤の濃度を薄くする
  • 除草剤を使った後には子供にその場所になるべく近づけないなどの配慮
が必要になってくると思います。

スポンサードリンク

除草剤はペットを飼っている家庭でも大丈夫?

除草剤はそもそも草など植物を枯らしてしまうものですが、植物も生き物も同じ生きています。

そんな植物を枯らしてしまう訳ですから、いくら安全と言っていても100%安全と言い切れるものではありません。

そして、影響を及ぼす許容量は身体の大きさに比例していきます。

除草剤はペットに安全

その為、ペット(犬・猫)にも種類によっては大きな影響を及ぼす可能性が大です。

中には、除草剤をかけた草をペットが食べてしまい、死んでしまうという事もあるのです。

ペットへの害を心配するのであれば、除草剤は使用しない方が良いでしょう。

除草剤のかわりに防草シートもおすすめ!

どうしても雑草が気になる場合には自分でむしるのが良いです。

しかし草むしりはとても大変な作業ですよね。

完全に雑草を生えなくするわけではありませんが、除草剤のかわりに防草シートもおすすめですよ。

⇒雑草防止シートのおすすめはこちら

⇒「防草シート」の一覧はこちら

まとめ

以前よりも毒性は弱くなっているとはいえ、除草剤は植物を枯らすものですから、やはり人やペットへの害は心配されますよね。

中には食品添加物を使用していて人体には無害と謳っているものもありますが、成分を見てみると発がん性物質が含まれていたりするものもあります。

でも、消費者である私たちはその表示を信じて購入してしまいます。

心配ならなるべくなら除草剤は使用せずに、自分で草をむしる、防草シートを活用するなど別の方法での対処法を考えた方がいいと思いますよ。

●関連記事

⇒「除草剤の使い方|効果的な時期や時間帯は?雨の日は効果ない?」の記事へ

⇒「除草剤の影響|庭木・樹木・車に影響はないの?」の記事へ

 PICK UP! 

6月・7月・8月の行事とイベントの豆知識情報の特集ページです。

⇒「夏の行事やイベントの豆知識&夏の悩み対策!」の記事へ

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ