クリスマスプレゼントはいつ渡す?渡し方と渡す日のポイント

クリスマスプレゼントいつ渡す

クリスマスプレゼントはいつからいつまでに渡すのがいいでしょうか?

クリスマスプレゼントの渡し方は

  • 彼氏や旦那に渡す場合
  • 彼女や妻に渡す場合
  • 子供にあげる場合
それぞれどのタイミングがいいのでしょうか?

そしてクリスマスプレゼントを渡す日はいつがいいのか、早めに渡してもいいのでしょうか。

クリスマスプレゼント いつ渡す

今年のクリスマスにもプレゼントを渡すことを予定しているという人も少なくないでしょう。

クリスマスプレゼントといえばやはり一番大変なのは「プレゼント選び」と「渡し方」ですよね!

子供へのプレゼントであれば、寝ている間に枕元に置いておくというのが定番で簡単ですが、彼氏や彼女そして旦那(夫)や妻にクリスマスプレゼントいつ渡すかという渡し方と渡す日のタイミングも悩むところです。

せっかく渡すのであれば相手がより喜んでくれるような、そしてより驚いてくれるような渡し方をしたいですよね。

ここではクリスマスプレゼントの渡し方についてポイントをみていきたいと思います。

    目次

  • クリスマスプレゼントはいつ渡す?タイミングはいつがベスト?
  • クリスマスプレゼントの渡し方のポイントとは?
  • クリスマスプレゼントを渡す日は24日か25日どっち?
  • まとめ
スポンサードリンク

クリスマスプレゼントはいつ渡す?タイミングはいつがベスト?

クリスマスのプレゼントはいつ渡せばいいのでしょうか?

クリスマスプレゼントを渡すタイミングについてみてみましょう。

クリスマスプレゼントを彼氏(旦那)や彼女(妻)に渡す場合

クリスマスプレゼントはいつ渡す?

プレゼントをパートナーに渡すのであれば24日の夜、もしくは25日に渡すのがよいと思います。

もちろんお仕事の都合などもあると思うので、そのあたりは都合に合わせてという形になりますね。

クリスマスプレゼントを子供に渡す場合

クリスマスプレゼント子ども

子供のプレゼントなら、基本は24日のクリスマスイブの子供が寝静まった夜中にこっそりと枕元に置いておくのが定番。

しかし、お休みなどの関係もありますよね。

できればクリスマスプレゼントをもらって喜んでいるお子供と一緒に翌日過ごしたいと考えます。

そんな時は、もしも24日がお休み・25日がお仕事なんて言う場合には1日フライングしてしまって23日の夜に渡してしまっていいと思いますよ。

逆に24日・25日がお仕事で26日がお休みならちょっと子供に待ってもらって25日の夜に枕元にという方法もあります。

スポンサードリンク

クリスマスプレゼントの渡し方のポイントとは?

クリスマスプレゼントの渡し方

クリスマスプレゼント選びとともに重要になってくるのがプレゼントの渡し方です。

まだサンタクロースを信じているお子さんならやはり枕元や準備しておいた靴下の中に入れてあげるのが大定番です。

しかし家族やパートナーとなると状況は違ってきますよね。

もちろん雰囲気の良いところで普通に渡すのもいいと思います。

でも、普通だとちょっと面白くないという人には、サプライズプレゼントというのはいかがでしょうか?

例えば旦那さんに送るのであれば、ネットで注文しておいてそれを必ず2人とも家にいる日にち・時間帯にお届け指定をしておき、届いたらわざと相手に受け取ってもらうというのもちょっとしたサプライズとなり面白いと思いますよ。

クリスマスプレゼントを渡す日は24か25どっち?

クリスマスプレゼントを渡す日

クリスマスプレゼントといえばいつ渡しますか?

クリスマスは25日、しかしイブは24日ですよね。

子供へのクリスマスプレゼントであれば定番は24日のクリスマスイブの夜となります。

ではその他の人へ渡す場合はいつが良いのでしょうか?

お互い、もしくはどちらかがお仕事や用事がある場合にはどうしても都合を合わせなくてはいけなくなってしまいます。

どうしても直接プレゼントを相手に渡したいというのであれば、都合に合わせなくてはいけなくなります。

しかし、どうしてもクリスマスイブである24日に渡したいというのであれば、直接渡せなくても宅急便などを利用するという方法もありますよね。

どちらを選ぶかというのはあなたや送る相手次第ということになります!

まとめ

クリスマスプレゼントを渡すタイミングといえば、やはりクリスマスイブの夜というのが最善ですよね。

子供であればクリスマスイブのお子さんが寝静まった後に枕元にそっと置くのが定番となります。

しかし、場合によってはその時に渡せないということもあります。

その場合には、相手のことを考えてなるべく喜んでもら得るように渡すことをお勧めします。

もちろん渡し方は手渡しではなく、サプライズでいろいろな方法を考えて渡すのも、もらった相手にも喜んでもらえると思いますよ。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ