お歳暮のお礼メールを送るときの文例と件名の例文!

お歳暮のお礼メール

もしもお歳暮をいただいたらお礼をするのがマナーです。

もしもお礼をしないと相手もきちんと品物が届いたかどうか気になりますし、気に入ってもらえたどうか一言聞きたいというのも本音だと思います。

お歳暮をいただいたときのおれいは封書が礼儀ですが、最近では電話やメールなどで済ます人も少なくありません。

ただ、本来は封書でお礼状を出すものなので、電話やメールは取り急ぎという形にして、後日改めて封書でお礼状を贈るほうが丁寧です。

では、お歳暮お礼メールでする場合にはどのように送ったらいいのでしょうか?

お歳暮のお礼をメールで送る場合の文例・例文やお歳暮のお礼をメールの件名はどうしたらいいのかを参考にお伝えします。

スポンサードリンク

お歳暮のお礼はメールでも大丈夫?

お歳暮はいただいたらとてもうれしいものですが、きちんとお礼をしなければなりません。

そんな時あなたはどのような形でお礼をしますか?

本来は封書でお礼状を出すのが礼儀ですが、取り急ぎお礼をしたい場合やしたいしい間柄の相手であればメールでも良いと思います。

ただ、取り急ぎメールでお礼をした場合には、後日きちんと封書やはがきなどでお礼状を改めて贈るほうがよいでしょう。

メールはすぐに送ることができるのでとても便利ですが、相手によっては「軽くとられている」と失礼に思われている可能性もあります。

特に目上の人や会社の上司などにお礼をする場合にはメールで送った後もきちんと改めてお礼状を贈るようにしましょう。

お歳暮のお礼をメールで送る際の文例・例文

お歳暮のお礼をメールで送る際も、内容はお礼状やはがきでの文面と同じでかまいません。


参考例文

○○○○様

拝啓 師走の候、皆様にはますますご健勝のことと存じます。

スポンサードリンク

さて、このたびはお心のこもったお品を頂戴し、誠にありがとうございます。

いつもながらのお心遣い心より感謝申し上げます。

厳しい寒さが続きますが、ご自愛のほどお祈りいたします。


ここまでは普通のおれいの文例となります。

しかし、ここではメールでの返信となりますので、とりあえず送りましたということで、

最後に「恐縮ですが、まずはメールにて取り急ぎお礼申し上げます」と締めます。

これで、まずはお歳暮が届き、すぐにお礼をしたという体裁となります。

もちろんこの後、ハガキや封書で改めてお礼状を出します。

お歳暮のお礼をメールで送る場合の件名の例文

お歳暮のお礼をメールで送る場合、ちょっと困ってしまうのが件名ではないでしょうか?

通常通り、「いつもお世話になっております」などというものにしてしまうと、件名だけでは内容がわかりにくいもの。

しかし、

    件名を、

  • 「お心づくしのお品、ありがとうございました」
  • 「お歳暮のお品をありがとうございました」

などとしておくと、メールを受け取った時点で内容がわかるので相手にも親切です。

まとめ

お歳暮はいただいたらすぐにお礼状を出すのがマナーです。

しかし、最近ではメールや電話などでお礼をすることですぐにいただいたことを相手に伝えることができるのでとても便利です。

ただ、目上の人や会社の上司などに対してメールや電話だけで済ませてしまうと失礼にあたることが多いもの。

その為、メールや電話でお礼をした後は必ず封書やはがきで改めてお礼状を出しましょう。

メールでお礼を出す時には件名にはすぐにわかるように「お歳暮の品ありがとうございました」などとします。

文例は、お礼状と同じような文面でかまいませんが、最後には必ず「取り急ぎメールにて失礼いたします」などとするとよいでしょう。

最近ではメールや電話だけでお礼を済ませてしまう人も多いようですが、きちんとお礼をする際には必ず封書でお礼状を出すようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ