お歳暮の渡し方マナー!手渡しの方法と渡す時にかける言葉とは?

お歳暮の渡し方

今はお歳暮をデパートなどから手配をして宅急便で送るという人も少なくないのでは?

しかし、やはり丁寧に渡したいという人には直接手渡しで渡したいものですよね。

では、お歳暮渡し方にはどのような渡し方があるのでしょうか?

  • お歳暮を手渡しするときの渡し方にはどのようなマナー
  • お歳暮を渡す時にかける言葉

などのマナーはあるのでしょうか。

スポンサードリンク

お歳暮の渡し方とは?

お歳暮の渡し方には大きく分けて手渡しと宅急便で送るという2通りの渡し方がありますよね。

そしてどちらで渡す時にもきちんとしたマナーがあります。

一見一方的に贈ることができて簡単そうな宅急便でもただ単に贈るだけでは失礼にあたります。

もしも宅急便で送る場合には、送り状を郵送するか同封します。

同封するときには特に問題はありませんが、もしも郵送をするときには、品物よりも先に送り状が届くように贈るようにします。

もちろん送り状には日ごろの感謝とお礼、お歳暮を贈った旨を記入します。

お歳暮を手渡しする場合の渡し方とは?

お歳暮といえばやはり直接お宅に伺って手渡しするというのが一番良い方法ですよね。

もちろん今でも直接手渡ししているという人も少なくないでしょう。

しかし、いざ手渡しをするとなると悩んでしまうのが渡し方です。

もしお歳暮を持参する場合には、購入したデパートなどの紙袋で持参してもかまいませんが、正式には風呂敷袋に包みなおして持参するのが普通です。

ただ、ビジネスでのお歳暮の場合には、風呂敷に包むことはほとんどありませんよね。

品物を渡す時には紙袋をそのまま渡してはいけません。

必ず袋から出して、相手から表書きが読めるように両手で渡します。

スポンサードリンク

渡すときの時間帯マナー

ちなみにお伺いするときには、どのシーンでも常識だと思いますが、あらかじめ相手の都合を聞いたうえで早朝や昼食時を避け、

  • 午前であれば10時から11時ごろ
  • 午後であれば2時から4時ごろ

が良いでしょう。

お歳暮の手渡しで渡す時にかける言葉とは?

もしもお歳暮を渡す時に、どのような言葉をかけますか?

逆にどのような言葉をかけたらいいか困ってしまうことも少なくないと思います。

しかし、それほど悩むことはありません。

ストレートに

  • 「今年も一年いろいろとお世話になりました」
  • 「形ばかりですが、お礼の気持ちです」
  • 「今年も大変お世話になりました。心ばかりのものですがお届けにあがりました」

という感じで渡すとよいでしょう。

ただ、中身が日持ちのしないものの場合には、「お早めにお召し上がりください」と付け加えると親切です。

まとめ

毎年同じところにお歳暮を贈っているという人も少なくないと思います。

一度贈り方を決めてしまうとなんとなく毎年同じ方法で贈ってしまいますよね。

最近ではお歳暮を一軒一軒直接お渡しするのが大変なので、宅急便などを利用するという人も少なくないと思います。

それに、年末の忙しい時期に直接お伺いして相手に気を使わせてしまうというのもちょっと心苦しいですよね。

もちろん宅急便で贈るのも良いですが、直接会って話がしたいなどという場合や丁寧に今年のお礼が言いたいという場合には直接お伺いして手渡しするのもよいでしょう。

ただ、直接お伺いするときは必ず事前に相手の都合を確認したうえで失礼にならない時間帯にお邪魔するのがマナーです。

そして渡し方も紙袋などで渡さずにきちんと品物を出し、のしの宛名を相手に見せる形で渡すのが正式な形になります。

宅急便で贈る場合にも、直接手渡しする場合にも相手に失礼のないように丁寧に贈りたいものですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ