敬老の日はいつ?どんな由来や意味があってお祝いをするの?

敬老の日はいつ

敬老の人は、おじいちゃん・おばあちゃんの長寿を祝う日というイメージがありますよね。

おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に住んでいる人はお祝いのパーティーをしたり、遠くに住んでいる人はプレゼントを贈っている人も少なくないと思います。

そんな毎年何気なくお祝いをしている敬老の日ですが、いつだったかな?と思う人も多いでしょう。

そんな敬老の日ですが実際にはどのような由来や意味があるのでしょうか。

スポンサードリンク

敬老の日はいつ?

敬老の日は、実は日付を変更しています。

2002年(平成14年)までは敬老の日は9月15日でした。

実際に今でも敬老の日というと、9月15日というイメージを持っている人が多いと思います。

敬老の日はいつ?

しかし、2001年(平成13年)のハッピーマンデー制度によって、2003年から9月の第3月曜に変更になりました。

これで土曜日・日曜日・月曜日と3連休が取れるようになったという訳です。

でも初めて実施された年が偶然第3月曜日が9月15日だったので、実際には事実上翌年からの変更という形になりました。

ただ、祝日を変更する際には反対意見も多かったようで、それを考慮して9月15日を「敬老の日」、それから1週間を「老人週間」としました。

敬老の日にはどのような由来があるの?

敬老の日は、兵庫県多可郡野間谷村の門脇政夫村長と山本明助役が1947年(昭和22年)9月15日を「としよりの日」とし、敬老会を開いたのが始まりと言われています。

なぜ9月15日を「としよりの日」にしたのかというと、それは聖徳太子の時代にまでさかのぼります。

敬老の日の由来は聖徳太子の時代までさかのぼる

593年9月15日に所得隊士が大阪に老人を救う施設「非田院(ひでんいん)」を設立したという説や、717年に元正(げんしょう)天皇が高齢者に贈り物をした日だからと言われています。

最初は「としよりの日」という名称でしたが、としよりという表現が良くないという事で1964年に「老人の日」と名称を変え、翌年から国民の祝日「敬老の日(9月15日)が制定されました。

敬老の日の由来

その後、2003年からはハッピーマンデー制度の実施によって9月の第3月曜日に変わり、9月15日を老人の日、それより一週間を老人週間としました。

スポンサードリンク

敬老の日というのはそもそもどのような意味があるの?

敬老の日は、国民の祝日に関する法律によると、「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としています。

つまり、今まで日本のために、そして家庭のために頑張ってきたおじいちゃん、おばあちゃんに感謝して、これからも長生きしてもらえるようにお祝いをしましょうという感じでしょうか。

敬老の日の意味

ただ、ちょっと考えてしまうのは「何歳くらいからお祝いすればいいの?」という事ですよね。

一応老人福祉法では、老人は65歳以上という形になっているようです。

でも、今の60代というとまだまだ現役で元気な人が多く、お祝いしようものなら「まだ老人ではない」と逆に怒られてしまいそうですよね。

ただ、自治体によって敬老行事に参加する年齢は様々なようで、場所によっては75歳以上という所もあるようです。

お孫さんが生まれればどんなに若くても「おじいちゃん・おばあちゃん」ですが、敬老の日を祝うとなると、祝う人のことも考えてお祝いすることも必要になってきそうですね。

まとめ

敬老の日がかなり昔から9月15日と深いつながりがあるという事には少し驚かれたと思います。

今でこそ9月の第3月曜日に代わってしまいましたが、9月15日は「老人の日」という形で残されています。

敬老の日にはぜひおじいちゃん、おばあちゃんの長寿を家族でお祝いしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ