厄年に長いものをプレゼントする意味と男性と女性への贈り物!

厄年に長いもの

男性でも女性でも一生のうちの何度かは厄年になります。

厄年というのは特に深い意味合いはありませんが、人生においての節目の年や心身ともに調子を崩しがちな時期に来るようになっています。

そんな厄年ですが、昔から厄年の人には長いものをプレゼントをするとよいという話を聞きますよね!

では、なぜ厄年の人に長いものプレゼントするとよいと言われるのにはどんな意味があるのでしょうか?

また男性と女性にはそれぞれ長いものの贈り物でおすすめには何があるでしょうか?

スポンサードリンク

厄年の人には長いものをプレゼントするの?

厄年に長いものをプレゼント

男性の厄年
25歳・42歳・61歳
女性の厄年
19歳・33歳・37歳・61歳

となっています。

ちなみに男性の大厄は42歳、女性は33歳となります。

この年というのは男性は仕事でも役職を持ち、いろいろと責任を持たされる年齢でもあり、女性の場合には結婚をしたり子供を出産したりといろいろと身の回りの生活環境に変化が訪れる年でもあります。

その為、体調を崩しやすくなる年でもあるのです。

そんな時期の厄年の人にプレゼントをするというのには「ご自愛ください」という意味が込められています。

さらに、厄年に長いものをプレゼントするというのには「長寿」を願う意味があるのです。

厄年に長いものを贈るのにはどんな意味があるの?

厄年に長いものを贈る意味

厄年に長いものをプレゼントするというのにはきちんと意味があります。

厄年、特に大厄は男性は42歳、女性は33歳と、どちらも体調や生活環境に変化が多い時期でもあるのです。

もともと厄年には風水などの深い意味合いは特にありません。

しかし、大厄の時期というのは何かと体調を崩しやすい時期でもあるのです。

厄年に長いものをプレゼントするというのには、長寿を願う意味合いがあります。

スポンサードリンク

今でこそ人は男性は80歳以上、女性ともなると平均寿命は90歳以上にもなります。

しかし、日本人の平均寿命が延びたのはここ最近のことで、少し前までは人というのは50歳くらいが平均寿命だったんです。

しかも、子供は特に亡くなる確率が高かったため、成長を祝う行事として「七五三」が生まれたといわれています。

そして、平均寿命50歳の中での42歳・33歳というのはちょうど人生の半分を過ぎたころ。

その為それ以降長生きができるようにと長寿を願って長いものをプレゼントするようになったといわれているのです。

厄年に長いものをプレゼントするとき男性と女性には何がおすすめ?

厄年の長いもの男性と女性

厄年に長いものをプレゼントするということには長寿を願う意味が込められているということはわかったと思います。

では具体的にどのようなものをプレゼントすればよいのでしょうか。

基本的には身近にあって常に使えるようなものを送るということが多いようです。

男性へのプレゼント
ネクタイやベルト、それにマフラー
女性へのプレゼント
ネックレスやブレスレット、スカーフやマフラー

などがおすすめです。

厄年の人にプレゼントするものとして、長いもののほかに「七色のもの」「鱗模様のもの」もよいとされています。

七色のものや鱗模様のプレゼント
七色のものといえば真珠のネックレスや男性であればネクタイピン。

鱗模様のものであればわに革のベルトやお財布など。

ただ、プレゼントを選ぶときには相手の好みもあるので、わに革のものなど好みが分かれるものを選ぶのはちょっと難しいかもしれません。

まとめ

どうでしたか?

昔から厄年の人には長いものをプレゼントするとよいという事には、長寿を願ったものだったんです。

昔は今よりも寿命も短かかったので、今以上に長寿を願う心は強かったのだと思います。

もちろんそれだけではなく、厄年を無事に過ごしてほしいという意味合いもあると思います。

もしも今まで厄年の人にプレゼントをしたことがないという人は、ぜひプレゼントをしてみてはいかがですか?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ