七五三の父親の服装!スーツやネクタイの色のおすすめは?

七五三の父親の服装や格好はどうしたらいいのでしょうか?

七五三の父親のスーツは黒の礼服以外でも大丈夫なのか?

ネクタイの色は何色がいいのか柄やストライプもいいのかなど、パパのおすすめの七五三の服装について紹介しています!

七五三の父親の服装

七五三といえば、子供の成長を祝う一大イベント。

最近では子供は着物を着て臨む人がほとんどでママはスーツや着物ですよ。

ではパパは七五三に何を着ればいいのでしょうか?

よくよく考えてみると、主役は子供なので写真スタジオでレンタルするのであれば一生懸命選びますし、自前の着物をという子も。

そして、ママのほうも、子供が主役といいつつ気合ばっちりで着付けやヘアメイクをしていたりします。

それなのに、一家の大黒柱のパパの服装ってあまり気にしませんよね。

ひどいときになると、当日になってからやっと「パパはスーツで」なんて当たり前のように投げやりに言われてしまったり。

では、実際に子供の七五三の際の父親服装というのはどのようなはどんなスーツやネクタイの色がいいのでしょうか?

    目次

  • 七五三の父親の服装のおすすめとは?
  • 七五三の父親の服装でスーツのおすすめは?
  • 七五三の父親のネクタイの色は何色がおすすめ?柄やストライプも大丈夫?
  • まとめ
スポンサードリンク

七五三の父親の服装のおすすめとは?

七五三の父親の服装とは

七五三の父親の服装のおすすめはどのようなものでしょうか?

一番気になるのが、七五三の時の父親の服装に決まりはあるのか?ということですよね。

実際のところ七五三の父親の服装に決まりはありません。

でも、お子さんや母親とアンバランスな服装だけは避けたいですよね。

七五三の父親の服装は子供や母親とバランスがいいのものを着る!

七五三の父親の服装は子供や母親とバランスがいいのものを着るのがおすすめです。

例えば、お子さんが着物であれば、母親はフォーマルスーツか着物を着ると思います。

それに合わせて父親もスーツを着るのが一般的です。

中には、お子さんが着物の場合、母親は訪問着、父親が紋付羽織に袴という家族全員和服というパターンもあるようです。

ただ、どうしても着物では動きにくくなってしまうので、写真撮影は全員和服で、お参りの時には洋服という人もいるようですよ。

大人も和服という場合には、あくまで主役はお子さんということを忘れないようにし、お子さんよりも目立たないようにすることが大切ですよ。

スポンサードリンク

七五三の父親の服装でスーツのおすすめは?

七五三の父親の服装はスーツ

七五三の父親の服装でスーツのおすすめはどのようなものでしょうか?

やはり七五三の時の父親の服装の基本はスーツでしょうか?

しかし、スーツと一言に言っても、どのようなスーツがいいのか困るところですよね。

七五三の父親は黒の礼服を着るの?

七五三はお祝い事なので礼服?と考えてしまう父親も多いでしょう。

しかし、必ずしも七五三の父親の服装は礼服でという必要はありません。

もちろん、本来であれば慶事であるので礼服が正装になるのですが、最近ではダーク系のスーツでという人が多いようです。

七五三の父親の服装は母親に合わせる!

七五三の父親の服装で大切になってくるのは、母親の服装と格をそろえるということ。

例えば、母親がブラックフォーマルを着ているのに父親がビジネススーツでは格がそろわないということになります。

父親がスーツであれば、母親もワンピースなどにして2人の格をそろえるようにしましょう。

七五三の父親のネクタイの色は何色がおすすめ?柄やストライプも大丈夫?

七五三の父親のネクタイの色

七五三の父親のネクタイの色は何色がおすすめなのでしょうか?

ネクタイは柄物やストライプも大丈夫なのでしょうか?

七五三の父親の服装とともに悩んでしまうのがネクタイの色ですよね。

慶事だから白がいいの?なんて思ってはいけません。

確かに礼服であれば白もありかもしれませんが、普通のスーツであれば、服装が地味な色の分写真写りでも生えるようなちょっと明るめの色がおすすめです。

例えば、

お祝いごとにパリッと映える臙脂(えんじ)などの赤系のネクタイがおすすめです。

派手すぎなく、それでいて色的に映える赤系なら、お祝いムードもしっかり出せますよ!

他にも、

  • 華やかめなピンク
  • ストライプ柄
のネクタイもおすすめです。

ただ、あまりごちゃごちゃした柄だと、お子さんよりも目立ってしまいますし、何よりも慶事の場面に合いません。

好みや母親やお子さんの服装に合わせたネクタイを選んでみてくださいね。

まとめ

七五三の父親の服装というと、どうしても子供や母親の服装よりも軽視しがち。

でも、一家の大黒柱として、しっかりと決めたいものですよね。

ただ、あくまで七五三のお祝いの主役は子供なので、お子さんよりも目立たないような控えめな感じで、さらに母親の服装と格をそろえるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ