七五三の女の子や母親の着物はレンタルそれとも購入で買う?

七五三の女の子や母親の着物

女の子の七五三といえば、フリフリのドレスもかわいいですが、やっぱり日本人らしく着物がメインでしょうか。

よく写真スタジオを利用する人は、撮影時には着物とドレスを、そしてお参りには着物でという人が多いようです。

ただ、着物と一言に言っても、七五三のお参りの着物レンタルと購入とどちらがいいのか、そして着物の着付けなど、いろいろと戸惑うことも多いと思います。

では、ここでは七五三での女の子や母親(ママ)の着物について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

七五三の女の子や母親(ママ)の着物はレンタルがいい?

七五三の着物は購入してもいいですが、後々使用する機会がない、値段が高いというイメージがありますよね。

そういう場合にはレンタルをしてみてはいかがですか?

最近では写真スタジオで前撮りの撮影を行うと、日にちによって着付けやヘアメイクなども込みでお参り用の着物を無料で利用できるというサービスがほとんどのようです。

しかし、特に写真スタジオを利用しないという人なら、着物レンタルを利用するのもよいと思います。

レンタルの良いところは何よりも安価なところ!

そしてたくさんの着物の中から好みのものを選べるところ、使用後のクリーニングなどの面倒がないというところもメリットだと思います。

最近ではネットでも着物のレンタルができるようですよ。

⇒レンタルできる着物の一覧はこちら

だいたい予約は使用する2か月ほど前から受け付けているようです。

そして、着物のほかにも身の回りの飾りや小物もセットで貸してくれるところもあるようです。

レンタル期間も都合によって選べるようで、期間によって金額も変わってくるようです。

もちろん金額は着物の種類によっても変わってくるようですが、お手頃なところでは1万円前後ぐらいで借りることができるようです。

レンタルなので、どうしても着付けは自前か美容院などでということになると思いますが、金額面を考えるとお得といえます!!

七五三の着物レンタルのデメリットとは?

デメリットとは?

ただ、よいところだけではなくレンタルの場合はお子さんや親の体調不良・急な用事などがあったときに日程を変更しづらいのがデメリットとなります!

スポンサードリンク

七五三の女の子や母親(ママ)の着物は購入で買うほうがいい?

七五三の着物、せっかくのお祝いなので思い切って購入と考える人もいるのではないでしょうか?

でも、着物の購入で一番悩むのはやはりそのお値段ですよね。

中には生地などで安いものや、中古で購入することによって安く済ますこともできますが、髪飾りや身の回りの小物などをそろえるとなると結構な金額になってしまいます。

そして、使用後の保管などのことも考えると意外と大変です。

七五三の着物を購入したときのメリットとは?

しかし、着物というのは一度購入すると長持ちをしますし、着回しもできます。

例えば、昔ながらのしっかりしたものを購入すれば、実は七五三に使用した着物を成人式でも着るということができるのです。

さらに、七五三だけではなくひな祭りなどにも着用することができますし、きちんと保存をしておけば良い品ならその子や孫の代まで着続けることができるんですよ。

⇒着物の一覧はこちら

七五三の女の子の着物の着付けや着せ方は?

七五三の女の子の着物レンタル

七五三の女の子の着物、やはり着付けは難しいというイメージがあり、自前の着物でも着付けだけは美容院などでヘアメイクと一緒にお願いという人も多いと思います。

でも、昔はお母さんがお子さんに着付けをしてあげるのが普通でした。

ただ最近では着物を着る機会も七五三や成人式などのイベント意外にほとんどなく、一般の人で着付けができる人というのは少なくなってしまいました。

それでも、まだまだ着物の着付け教室などがあったりしますので、お子さんの七五三前にママが着付け教室などに通って自分で着つけてあげてみるのもいいかもしれませんよ。

着付け教室に行かないまでも、ネットなどで着付け方法を紹介したサイトなどもたくさんあるので、当日までに練習してみるのもいいでしょう。

まとめ

女の子にとって七五三は最初の一大イベント、そして普段なかなか着ることのない着物を着るという数少ない機会です。

そんな着物を購入するか、レンタルするか、とても迷うと思います。

もちろん最終的には金額の問題になってしまいますが、せっかくなら購入してあげたいという親心もあると思います。

そして購入しても着付けなどの問題も。

七五三のお参りの日が近くなってきてから困らないように、事前にどうすればいいか考えておくことが必要になってきます。

せっかくのお祝いですから、当日は家族全員晴れやかな気持ちで臨みたいものです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ