七五三の髪型!7歳の女の子の日本髪の種類と自宅での結い方

七五三の髪型で7歳の女の子

女の子の七五三は基本的に3歳と7歳の2回ですよね。

特に7歳の七五三というと、2回目ということで勝手もわかっていますし、しっかりしているので3歳のころよりも行いやすいのでは?

さらに7歳ともなると、髪もしっかりと生えているので3歳のころよりもいろいろアレンジもきくのでいろいろな髪型にチャレンジすることができます。

大きくなって好みも出てくると思うので、お子さんの好みを聞きながら髪型を変えるのもいいと思いますよ。

ここでは七五三髪型7歳の女の子の日本髪の種類にはどんなものがあるか?そして自宅での簡単な結い方についてお伝えします。

スポンサードリンク

七五三の髪型で7歳の女の子のものとはどのようなものがあるの?

やはり七五三の昔からの定番といえば、アップにして後ろを1つのお団子にするタイプでしょうか。

特に前髪をおろしてぱっつん前髪にすると、よりかわいい感じになりますよ。

ちょっと今風にするのなら、前髪は少し横に流す感じにして後ろはお団子ではなくカールをさせると華やかになります。

前髪にちょっと自信がない、前髪は長く伸ばしておきたいという子であれば、カチューシャでアップにしておでこ全開にするのもかわいいですよ。

その時には前がちょっと寂しくなるのでサイドの髪を少したらすというのもいいですね。

ロングに髪を伸ばしている子であれば、思い切って日本髪の中でも昔のお姫様のような桃割れスタイルもお勧めですよ。

スポンサードリンク

七五三の髪型で日本髪にはどのようなものがあるの?

3歳の時の七五三の時には、まだ小さくて長くじっとしていられなかったり、思うように髪を伸ばすことができなかったりと、なかなか思うような髪型にできないという経験がある人も多いようです。

しかし、7歳ともなれば、しっかりしているので髪を結っているときもじっとしていられますし、七五三に合わせて髪を伸ばしておくということもできますよね。

そんな人には3歳の時にはなかなかチャレンジできない本格的な日本髪にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

日本髪というと、

  • 「髪が多くなくては結えないからウィッグをつけられてしまうのでは」
  • 「結うのにとても時間がかかるのでは」

とどうしてもひいてしまいがち。

しかし、意外と日本髪は簡単に結えますし、ある程度の髪の長さがあれば結うことができるんです。

実は日本髪というといくつかの形が思い浮かばれますが、じつは100以上の種類があるんです。

その中でよく七五三の髪型に使われるのが「高島田」や「桃割れ」です。

特に「桃割れ」は昔の町娘風の髪型で、簡単に結える日本髪の一つ。

これとは別に、「文金高島田」という髪型は、よく結婚式にも使われるもので、実は日本髪の中でも一番格が高いものなんです。

ほかにもいろいろな日本髪があるので、見本の写真などを参考に、写真スタジオや美容院の人と相談して、お子さんの好みの髪型を選んでみてください。

七五三の髪型は自宅でもできるの?

七五三の髪型というと、美容院や写真屋さんでお願いするというイメージがありますが、コツさえつかめば自宅でも簡単に行うことができるんですよ。

簡単なのは、ポニーテール・もしくはツインテーるの毛先をカールにさせる方法ですが、道具をそろえれば簡単なものであれば日本髪でも自宅で結うことができるんですよ。

その時に必要なのは、

  • 髪のボリュームをプラスすする「すき毛」
  • 髪を結ぶ「ちんころ」「かのこ」

などです。

最近では簡単な日本髪の結い方を動画などで紹介してくれるサイトもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

ただ、自宅で日本髪を結うときには、ぶっつけ本場でできなくて大変な思いをすることもあるので、事前に何度か練習をしておくといいですよ!

まとめ

七五三は特に女の子にとっては普段着ることのできない着物を着て、髪型もアップにしてもらえるのでお姫様気分を味わえるとても楽しみなもの。

3歳のころはまだよくわからなくても7歳ともなれば、自分の好みに合わせた着物を選んだり、自分の好きな髪型にできたりと女の子にとってはとてもうれしいもの。

七五三のために髪を伸ばしておいて自分の髪を結ってもらえるというのもいいですよね。

7歳の七五三は、髪型も3歳のころとまた違った楽しみ方があるので、ぜひいろいろと参考にして好みの髪型を見つけてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ