お墓参りの時期は決まってる?1年の中でいつ行くのがいい?

お墓参りの時期は決まってるのでしょうか。

お墓参りに行く時期は1年の中でいつなのか確認してみましょう。

また年末年始やお彼岸のお墓参りは、いつ行くのがいいのかもみていきましょう。

お墓参りの時期

お墓の場所が遠かったりすると、なかなかお墓参りに行きたくても行けないという人も少なくありません。

そもそもお墓参りの時期はいつなのでしょうか?

だいたい思い浮かべるのがお盆や故人の命日ですよね。

しかし、そのほかにもお墓参りをする日というのはいくつかあるのです。

ここでは、そんなお墓参りの今更聞きたくても聞けない素朴な疑問についていくつか見ていきたいと思います。

    目次

  • 墓参りの時期は決まっているの?
  • お墓参りを年末年始にする場合いつがいい?
  • お彼岸のお墓参りはいつ行くのがいい?
  • まとめ
スポンサードリンク

お墓参りの時期は決まってる?

お墓参りの時期で思い浮かべるのがお盆ですよね。

お盆というのはお墓参りというよりも、正式には年に一度、故人があの世から家に戻ってくるという意味合いがあります。

家庭によっては毎年きちんと霊をお迎えに行き、家でもてなし、お見送りをしているというところも少なくないと思います。

お墓参りを正式にする日とは?

お墓参りを正式にする日というのは結構多いものです。

一つ一つ見ていくと、

  • お彼岸(春・秋の年2回)
  • お盆
  • 年末年始
と年に4回。

さらに

  • 故人の命日
  • 月命日
にお墓参りをするものなのです。

故人がなくなって間もないという場合には命日や月命日にもぜひお墓参りをしておきたいところです。

お墓が近くにあるのであれば、少なくともお彼岸・お盆・年末年始にはきちんとお墓参りをしておきたいものですね。

お墓参りを年末年始にする場合いつがいい?

お墓参りをする時期の一つに、年末年始というものがあります。

ただ、年末年始というと、年末はお正月の準備や大掃除で忙しかったり、年が明ければお正月のお祝いで来客も多くなるなど忙しくなりますよね。

それでも、きちんとご先祖様をお参りすることは忘れてはいけません。

年末年始のお墓参りの時期は家庭によって違う

年末年始と一言に言っても、期間が長いものですよね。

では年末年始のお墓参りはいつ行けばいいのでしょうか?

年末年始のお墓参りの時期は、特に決まりというものはない。

家庭によっては、

  • 年末までに済ませてしまう
  • 元旦に行く
というところもあります。

ただ、地方によっては昔からの決まりがあるところもあるので注意が必要です。

スポンサードリンク

お彼岸のお墓参りはいつ行くのがいい?

お墓参りをする時期には、春と秋のお彼岸もありますよね。

  • 春のお彼岸は3月20日頃前後の1週間
  • 秋のお彼岸は9月22日頃前後の1週間
となります。

毎年お彼岸の期間は変わるのできちんとカレンダーなどでチェックをしておくといいでしょう。

ただ、そんなお彼岸期間である1週間の中で、いったいいつお墓参りに行くのがいいのでしょうか?

お彼岸の時期も、お正月と同じで特にいつに行かなければいけないという決まりはありません。

特に休みの期間ではないので、だいたい1週間内の土日に行うという家庭が多いようです。

お墓が遠い、親戚間で集まるなんて言うときにはやはり土日に行うのが一番です。

もちろん、お彼岸のお墓参りの際にも、地方によっては決められていることがあります。

それを知らずに無視してお墓参りを行ってしまうと、たとえ知らなかったとしても、周囲の家々や親戚間から白い目で見られてしまうことも。

そのようなことがないように、特に嫁ぎ先の初めてのお墓参りの際には、旦那様や旦那さまの実家によく確認をしておくようにしましょう。

 関連記事 

 ↓
お墓参りのマナーとは?服装や時間帯と掃除やお参りの手順!

お墓参りに行く時間と持ち物!夕方や午後より午前中がいい理由は?

お墓の掃除方法!便利な道具やおすすめグッズはコレ!

お墓参りの服装とは?男性も女性も色は黒でないとダメなの?

お墓参りに持参する花の種類と値段の相場は?造花でもいいの?

お墓参りのお供え物は何がいい?食べ物は持ち帰りで食べる?

まとめ

お墓参りというと、最近では疎遠になってしまい、毎年お盆に行くくらいという家庭も少なくないと思います。

しかし、家庭によって様々な事情はあると思います。

ただ、しっかりとお墓参りをしたいというのであれば、

  • お盆
  • 年末年始
  • お彼岸
  • 命日
の4回くらいはきちんとしておきたいですね。

もちろん、その他のなんでもない日でも、お墓参りをしてはいけないという事はありませんので、ぜひお墓に足を向けてみましょう。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ