お墓の掃除の方法や仕方!便利な道具やグッズの活用がおすすめ!

お墓の掃除方法
お墓というものは、ほとんどが毎年・もしくは毎月管理料を支払いますよね。しかし、これはあくまで共通部分や他の施設の管理として使用されるものです。

そのため、自分のお墓は自分で管理しなくてはいけません。もちろんお掃除もです。

お墓もこまめにお掃除をしていないと、雑草が生えてしまったり汚れてしまったりしてしまいます。

そのため、お墓参りというのは、お参りをするとともにお掃除をすることも必要になってくるのです。

ご先祖様や家族の眠るお墓ですから、なるべくであればこまめにきれいにしてあげたいものですよね。

ここではお墓掃除方法や仕方、そしてあると便利で簡単な道具やグッズをお伝えしていきます。

スポンサードリンク

お墓の掃除の方法とは?

お墓の掃除は、まず敷地内の掃除から始まります。

お墓の敷地内の掃除方法

前回のお墓参りのときに使用したお線香やかれたお花の片付け、そして敷地内の雑草はきれいにむしり、他のごみや枯葉なども取り除きます。

もしもお墓の中に樹木を植えている場合には、きれいに選定する必要があります。

そして、敷地内の玉砂利が土に埋もれて汚れてしまっている場合には、目の粗いざるに入れて水で洗ってから敷きなおすときれいになりますよ。

次に墓石です。

墓石の掃除方法

墓石はスポンジや布で丁寧にふきあげます。

ただ、墓石はデリケートなので、洗剤などを利用せずに水洗いが基本です。

どうしても汚れが落ちない場合には、たわしを使って汚れを落としましょう。

ただ、文字が書かれている部分などはかけやすいので、優しく磨くようにします。

お墓の掃除の仕方とは?

お墓の掃除というと周りの草むしりと墓石を磨くというイメージがありますよね。確かに基本的にはそうなのですが、実際にはそんなに簡単にはいかないのです!

特に、しばらくご無沙汰していたお墓というのは以外にも荒れているもの。

雑草をむしるだけでなく、敷地に敷いてある玉砂利もきれいにしておきたいですよね。

スポンサードリンク

玉砂利は雨などで汚れが流れるというものではないので、玉砂利はきちんとすくいとって水で洗って戻しましょう。

墓石も、普段からお手入れをしていれば、ただ拭くだけですむかもしれませんが、時がたってしまうと汚れがこびりついてかんたんには落ちません。

その場合には、スポンジでこすり落としたり、スポンジで落ちない場合にはたわしを使うといいでしょう。

ただ、墓石はデリケート、洗剤を使うとしみが出来ることもあるので、洗剤を使う場合には墓石専用のもの、それもまずは目立たないところで試してから使用することが必要です。

文字の部分はかけやすく細かな部分が多いのでハブラシなどでこするといいでしょう。

そして全体的にきれいにしたら最後は乾いた布などで拭いて仕上げます。

お墓参りに持って行きたい掃除道具やグッズとは

お墓参りには、もちろんお供え物やお花などを持っていくことが必要ですが、それに加えて掃除道具もしっかりとそろえて生きたいものです。

ここに簡単に掃除道具をリストアップしておきます。

基本的なお墓の掃除道具リスト

  • 雑巾
  • スポンジ
  • ハブラシ
  • カッターナイフ
  • バケツ
  • 墓石用洗剤
  • たわし(金属製でないもの)
  • 玉砂利用のザル(敷地内に植木がある場合)
  • スコップ
  • 剪定用はさみ
  • このようなものを用意していくと、きちんと掃除をすることが出来るでしょう。

    まとめ

    お墓参りというのはお墓参りのほかにお墓の掃除も必要になってきます。

    さらにしばらくお墓参りにいけなかった場合にはなおさらの事です。

    ご先祖様や家族の眠るお墓ですから普段からなるべくきれいにしておきたいですが、なかなかそういうわけにはいきませんよね。

    もしも自分で汚れを落としきれなかったり、墓石にひび割れなどがあった場合にはすぐに専門業者に頼んできれいにしてもらうことが必要です。

    このようなものは時間がたてばたつほど元に戻りにくくなり、ひび割れは最悪の場合墓石事態が割れてしまうということにもなりかねません。

    出来れば定期的にお墓参りをして墓石の状態を見ておきたいものですね。

    スポンサードリンク

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ