中秋の名月はいつ?十五夜の由来や意味とはどんなもの?

中秋の名月はいつ
「中秋の名月」と聞いて、言葉だけは聞いたことがあってもいまいちピンと来ない人も少なくないのではないでしょうか。

中秋の名月とは、つまり十五夜のこと。

十五夜であればイメージが浮かびますよね。

たとえば満月・お団子・ススキ・お月見という感じでしょうか。

しかし、なぜ毎年中秋の名月(十五夜)の日は違っているのか、そしてなぜ十五夜のみお月見をするのかなど詳しい内容を知っている人は案外少ないものです。

では、ここでは中秋の名月いつなのか?そして由来や意味についても詳しく知っておきましょう。

スポンサードリンク

中秋の名月っていつの事?

中秋の名月、つまり十五夜というと、なんとなく9月というイメージがありますよね。

しかしはっきりと日付を把握している人は少ないと思います。

でもくわしく行事などが書かれているカレンダーなどをよくみてみると、きちんと十五夜の日が書かれていると思います。

ちなみに2015年の十五夜は9月27日(日)になります。しかし、今後の十五夜を書き出すと

  • 2016年(平成28年)9月15日
  • 2017年(平成29年)10月4日
  • 2018年(平成30年)9月24日

とかなりばらばら!!

さらに2017年に関しては10月が十五夜になっています。

ちなみに2014年の十五夜は9月8日だったので、その差は約1ヶ月にも及びます。

なぜここまで毎年日付が変わってくるのでしょうか?

それは、十五夜が旧暦の8月15日からなんです。

そのため正直言ってはっきりと毎年の十五夜を調べることは出来ません。

もしもその年の十五夜を知りたいときはやはりカレンダーを見たり、ネットなどで調べてみるのがよいでしょう。

中秋の名月の由来とは?

中秋の名月とは旧暦の8月15日。そのため「十五夜」とも言われていますよね。

スポンサードリンク

では、そんな中秋の名月の由来とはどんなものなのでしょうか。

実は、他の行事と違って特に由来という由来はないんです。

強いていえば「月がきれいだったから」。

昔の貴族の人々はそういう「雅」なものが大好き。

そこで月がきれいなときにも宴などを開いていたんですね。

中秋の名月物そんな中から生まれ、それが習慣化されたもの。

もちろん満月といえば皆美しいものですが、特に満月の中でも一番美しく見えるというのがこの「中秋の名月」なのです。

そのため、旧暦の8月15日にはお月見をする習慣が生まれたんです。

中秋の名月の意味は?

中秋の名月のとは「秋の真ん中に出る満月」という意味です。

旧暦では大雑把に1~3月を春、4~6月を夏、7~9月を秋、10月~12月を冬としていました。

つまり、8月というと今でこそ夏真っ盛りのイメージですが、旧暦で見るとちょうど秋の真ん中にあり、さらに8月15日の夜に満月が出るということで「中秋の名月」といわれるようになりました。

さらに、十五夜は「芋の名月」ともいわれます。

これは、十五夜は月を干渉するほか、これから始まる収穫を前にして、収穫を感謝する初穂祭りとしても意味もありました。

そして9月に収穫される「芋」をお供えすることから「芋の名月」と呼ばれるようになったのです。

まとめ

「中秋の名月」といわれる十五夜。

その起原が「きれいな月をめでるため」という単純なことだったということには驚きですね。

しかし、逆をいうと、昔の人はきれいなものを見たりすることにそれだけ執着していた、その心が強かったということだったのだと思います。

もちろん庶民の人にとっては収穫のお祝いの意味合いもあったようです。

ぜひ今度の「中秋の名月」、十五夜では家族でお月見をしてみてはいかがですか。

ただ月を見るのではなく、きちんとお供え物をして静かに月を眺めれば、また違った雰囲気を楽しめると思いますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ