お月見はいつ(何月)でどんな由来なの?お月見メニューもある?

お月見はいつ?

毎年9月の行事というと真っ先に思い浮かべることが出来るほどお月見というのはポピュラーな行事ですよね。

しかし、実際にお月見いつ(何月)にあるのか?そしてどのような由来や意味があるのか?というのを知っている人は案外少ないものです。

十五夜、十三夜というのはいったいいつに当たるのでしょうか。

そして、お月見に用意したいメニューにはどのようなものがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

お月見って、実際にはいつ(何月)なの?

お月見はいつ(何月)
お月見が9月という事を知っている人は多いと思いますが、十五夜が何日にあたるのか知っている人は少ないのではないでしょうか?

良く知らない人だと十五夜だから15日などという返事が返ってきそうですね…。

しかし、本来の十五夜(中秋の名月)は旧暦の8月15日(現在の9月15日)の前後の満月の日のことを言います。

因みに2015年の十五夜は9月27日にあたります。

予想から考えるとずいぶんと遅いですよね。

因みに2014年の十五夜は9月8日、2016年の十五夜は9月15日となっています。

その年によってかなりばらつきがあるのがわかりますね。

更に、十五夜というと、満月のイメージがありますが、実際には必ず満月という訳ではないんです。

実際に2015年の十五夜は9月27日ですが、実際の満月は9月28日と翌日になるのです。

しかも、実際には毎年満月の翌日などになる確率の方が高いのです。

その理由は、毎年十五夜の日にかなりのずれが生じるためなのです。

お月見にはどのような由来や意味があるの?

お月見の由来や意味
お月見の由来の話になると、なんと奈良から平安時代までさかのぼります。

元々は中国から伝わってきた風習です。

スポンサードリンク

それを貴族たちが取り入れ月見のうたげを催すようになりました。

更にそれが庶民に広がり、庶民の間では収穫の時期と重なるために、実りに感謝する行事になっていきました。

芋類の収穫のお祝いを兼ねているので、別名「芋名月」などとも呼ばれています。

因みにお供え物の一つ一つには意味があり、お団子はお米の粉で作ったことから収穫への感謝や健康・幸福への祈りも表しています。

そしてもう一つ定番のススキですが、これは月の神様の依代としてお供えします。

本来なら稲穂を飾るべきなのですが、お月見の時期にはまだ稲穂がないために代わりにススキを備えたと言われています。

さらに、ススキには魔よけの意味もあり、お月見でお供えしたススキを軒下に飾ると1年間病気をしないとも言われています。

そして、野菜や果物は、その年の収穫の感謝の表れとしてお供えします。

とくに十五夜は芋類の収穫時期なので、サトイモやさつまいもをお供えします。

このように、何気なくお供えしているものには一つ一つ意味があるのです。

お月見に出したい定番メニューとは?

お月見には特にこれを食べるというものはありません。

もちろんお供えしたものは後で食べますが、お月見当日に食べるものではありませんよね。

では、お月見にはどのようなメニューを出せばよいのでしょうか?

考えられるのはやはり「月」関したメニューですよね。

お月見のメニュー

主食であれば、月見うどんや月見そばなどなら雰囲気が出るのではないでしょうか。

他にも満月という事で丸いもの。

お団子や肉団子なども楽しいですね。

他にも「芋名月」と言われることから、特にさつまいもや里芋を使った料理を出すのも良いと思いますよ。

まとめ

お月見と一言に行っても、お月見自体の意味や、お供えするものひとつひとつにはいろいろな意味が込められていることが分かったと思います。

今年のお月見にはぜひお月見の意味やお供えの由来を考えつつ、お月見をあしらった食事を楽しんでみませんか?

もちろん、お月見でお供えしたお団子やお野菜・果物は後で美味しくいただきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ