十五夜のお供え物の意味とは?すすきや団子を供える由来!

十五夜の意味

十五夜といえば、やはり思い浮かべるのがお月見ですよね。しかし、ただお月見をするだけではありません。

十五夜のお月見にはお供え物が必要不可欠。

十五夜にお供えするものといえば、まず浮かべるのがお団子、そしてススキです。

もちろん他にも果物や野菜をお供えすることもあります。

そのお供え物の意味って考えたことがありますか?

お供え物に選ばれているわけですから、きっと何か意味があるものだと思いますよね。

では、十五夜意味の中でお供え物やすすき(ススキ)、そして団子にはどのような思いがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

十五夜のお供え物の意味とは?

もともと十五夜というものは、貴族が1年で一番きれいな満月を見るためにはじめた宴。

そのときには美味しいものを食べたりきれいな月を見ながらいろいろと語り合ったりしたのでしょうね?

しかし、庶民の間では十五夜というのは別の意味があったようです。
それは、これから始まる収穫への祈り。

十五夜はこれから始まる収穫のためにお供えをして、その後にある十三夜は収穫に感謝の気持ちをこめてお供えをするという意味もあったようです。

そのため、最近では少なくなってしまいましたが十五夜ではそのころ収穫される芋(サトイモ)をお供えするというものがあり、そのことから「芋名月」などと呼ばれることもあるようです。

そのほかにもその時期に取れた野菜や果物をお供えするという風習も残っています。

特に、ぶどうなどのツルのものをお供えすると、お月様とのつながりがいっそう強くなるという意味もあるそうです。

十五夜にお供えするすすき(ススキ)にはどんな意味があるの?

十五夜のお供え物としてお団子とともに欠かせないのがススキですよね。

よく十五夜をイメージする図として満月・お団子・ススキが描かれているものが多いです。

スポンサードリンク

しかし、なぜ特に花があるわけでもない地味なイメージのススキをわざわざお供えするようになったのでしょうか。

それにはススキ自体の見た目にあります。

ススキって、よく見るとお米の稲穂に似ていませんか。

もともと稲穂というものは、月の神様を招く依り代としてお供えされるものです。

しかし、十五夜をする時期はまさにお米の収穫前の時期。

お米の収穫を祈ってお供えをするわけですからね。

もちろんこの時期に稲穂があるわけはありません。

そこで稲穂の代わりにお供えされているのが「ススキ」なのです。

さらにススキには魔よけの力があるといわれ、お月見にお供えしたススキを軒先につるすと1年間病気をしないという言い伝えも残っています。

十五夜にお団子をお供えする意味とは?

十五夜といえばやっぱりお団子ですよね。

しかし、このお団子をお供えすることにもきちんと意味合いがあります。

十五夜にはこれからの収穫への祈りの意味合いがあるということは前もお話したと思います。

その頃にはもちろんお米も収穫されます。

そのため、本来であればお米から作られるお餅をお供えするのがよいのかもしれませんが、収穫前ということでなかなか難しいのです。

そのため長期保存をすることが出来るお米の粉から作ったお団子をお供えしたというのが月見団子の始まりといわれています。

白くて丸い月見団子は満月をイメージしたものです。

これは、収穫の祈りだけではなく、健康や幸せを祈る意味合いもあるのです。

この月見団子を家族でそろって食べることで健康と幸せを得ることが出来ると考えられているのです。

まとめ

十五夜にはお団子やススキをお供えします。

そしてそのお供え物には一つ一つ大切な意味合いがあるのです。

次の十五夜にはぜひお供え物の意味を考えながらきちんとお供え物をそろえてみてはいかがですか?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ