ひな祭りのちらし寿司の盛り付け方と献立とは?

ひな祭りのちらし寿司の盛り付け

ひな祭りちらし寿司盛り付け方法にはどんなものがあるか気になりますよね。

また具材などの献立にも工夫して子供が喜ぶものにしてみませんか。

スポンサードリンク

ひな祭りに出されるちらし寿司の盛り付け方法とは?

ひな祭りに出されるちらし寿司というと、桶いっぱいに作ったものを各々お皿に乗せて配るというイメージがありますよね。

しかし最近ではいろいろな盛り付け方法がありますよ!

ケーキ風のちらし寿司

例えばひし形などの型にご飯を下から詰めていき、一番上に具材をちりばめるケーキ風のちらし寿司など。

よそう必要がないのできれいに食べることができますよね。

カップケーキ型のちらし寿司

そして最近人気が高いのがカップケーキ型のちらし寿司。

透明のカップケーキ用のカップにご飯を詰め、一番上に様々な具材を乗せて楽しむというものです。

種類も豊富になりますし作るのも簡単、見た目も華やかなのでパーティーなどに重宝されています。

ぜひ今時のちらし寿司の盛り付けを楽しんでくださいね。

◇見出し3:ひな祭り ちらし寿司 献立

スポンサードリンク

ひな祭りに欠かせないちらし寿司、その献立とは?

いざひな祭りでちらし寿司を作ろうとしたけど、何を具材にしたらいいのか困ってしまうなんていうことはありませんか?

ちらし寿司といっても、特に具材にこだわる必要はないと思いますよ!

彩(いろどり)にこだわったものを!

欠かせないのはやはり黄色・緑・ピンクの彩ではないでしょうか?

これさえできていれば子供たちの好きな具材にアレンジしてもいいと思いますよ。

例えば

  • エビのほかに同じピンク色のハムなど。
  • 黄色は錦糸卵
  • 緑はさやえんどうやホウレン草

などいろいろアレンジが効くと思います。

もちろん見た目も大事ですが、せっかくなら子供たちの喜ぶものを作りたいですよね。

ぜひ彩はそのままに子供たちの喜ぶちらし寿司を作ってください!

まとめ

どうでしたか?

ひな祭りに欠かせないちらし寿司、そのものに由来はなくても中には子供の健康と幸せを願う具材がたくさん含まれているということが分かったと思います。

そして見た目も華やかなのでちらし寿司があれば食卓がぐっと華やかになりますよね。

ただ作るだけではなく、いろいろなアレンジ方法もあるので、ぜひ子供と楽しめる方法でちらし寿司を用意してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ