ひな祭りにちらし寿司を食べる由来や意味とは?

ひな祭りのちらし寿司の由来

ひな祭りちらし寿司由来にはどんなことがあるのでしょうか。

ひな祭りのごちそうといわれてまず一番に思い浮かべるのが「ちらし寿司」ではないでしょうか?

ちらし寿司の中には普段食べられないような具材がたくさん入っていて、見ただけでうれしくなった記憶があります。

もちろん家族や親せきなどたくさんの人が集まって食べたというのも楽しい記憶ですよね。

ひな祭りの定番ともいえるちらし寿司ですが、どのような由来があるのか意外と知らない人も多いと思います。

ではここではひな祭りに欠かせないちらし寿司についていろいろとみていきたいと思います。

ひな祭りにちらし寿司が欠かせない由来や意味とは?

ひな祭りといえばちらし寿司というほど、ひな祭りには欠かせないのがちらし寿司ですよね。

スポンサードリンク

子供の頃にお祝いで食べたという人の多いのではないでしょうか?

では、なぜひな祭りにちらし寿司を食べるようになったのでしょうか?

実はちらし寿司自体に深い意味はないんです。

ただ、ひな祭りは女の子の健やかな成長と幸せを願う行事ですよね。

ちらし寿司はそのもの自体に意味はないものの、中にはおせち料理のように縁起の良いものがたくさん詰められています。

例えば

  • 海老は曲がっていることから「腰が曲がるまで長生きするように」との願いが込められています。
  • そしてレンコンは穴が開いていることから「見通しがよい」という意味があります。
  • さらに豆には「健康でまめに働けるように」との意味合いを持っています。

このように縁起の良い食べ物が多く含まれることからひな祭りに定着していったと思われます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ