浴衣の洗い方|色落ち防止は自宅の洗濯機や手洗いでも大丈夫?

浴衣の洗い方

夏になると大活躍する浴衣ですが、意外と悩んでしまうのが浴衣のお手入れ。

皆さん、クリーニングに丸投げしていませんか?

実は浴衣のきちんとした洗い方さえ知っていれば色落ちせずに自分でお洗濯をすることが出来るんですよ。

夏の間、頑張ってくれた浴衣、ぜひ自分でお手入れしてみてはいかがですか?

スポンサードリンク

自宅で浴衣を洗う場合の色落ち防止方法

やはり、自宅で浴衣を洗うのに一番気になるのは色落ちではないでしょうか?

色落ちが気になる人は、洗う前に一度水にぬらした布などで浴衣の色の部分を軽くたたいてみてください。

それで色がうつるようでしたら、色落ちの可能性が高いので自分で洗わずにクリーニング屋さんにお願いした方が良いでしょう。

もし落ちなかった場合も、やはり不安なので、必ず他の洗濯ものとは別に洗うことをお勧めします。

そして、洗剤は色落ちのしにくい中性洗剤を使用することが大切です。

普段家庭で使用するような洗剤では色が流れやすいので使用しない方が良いでしょう。

このようにして、家庭で浴衣を洗う場合には、まず色落ちには十分注意して洗濯をしましょう。

浴衣を自宅で洗濯機で洗うにはどのようにしたらいいの?

浴衣を洗濯機で洗う

自宅で浴衣を洗濯機で洗う方法は意外と簡単です。

  • 浴衣は必ず他のものと一緒に洗わない事。その理由は色落ちにより他の衣類に色がうつってしまう可能性があるからです。
  • そのまま洗濯機に放り込まずに洗濯用のネットを使うこと。
  • 洗濯機に入れたら洗い方は「手洗い」機能を使うこと。

あくまで優しく洗うことが大切です。

スポンサードリンク

洗い終わったら通常であれば脱水が必要ですが、浴衣の場合、脱水は洗濯機で行わない方が良いでしょう。

脱水機能を使ってしまうとしわになりやすいからです。

もし使う場合でも軽く水分を飛ばすようにして、後は着物用のハンガーを利用するかそのまま折りたたんで陰干しをします。

浴衣は洗濯機で洗えないようなイメージがありますが、注意さえすればこのように簡単に洗うことが出来るので是非チャレンジしてみてください。

浴衣を自宅で手洗いする方法は?

自宅で洗濯機で洗うことが出来る浴衣ですが、出来れば手洗いで洗うことをお勧めします。

手洗いとなると洗濯機となるとどうしても手間にはなってしまいますが、手洗いの方が生地を傷めずに済むからです。

浴衣を手洗いするのに必要なのはまず洗面器・バケツ・たらいなどです。

洗濯のたらい

準備した容器に洗剤(必ず中性洗剤を用意してください)を少量とかし、浴衣を30分から1時間ほどつけこみます。

この時にあまりつけこむと生地が縮んでしまうので時間は長くても1時間以内にしてください。

そうしたらつぎに優しく手のひら全体で押し洗いをします。

次に汚れが気になる部分や襟・そでなど汚れやすい部分に洗剤を直接かけて優しくもみ洗いをしてください。

終わったら、何度も水を入れ替えて洗剤の泡が落ちるまでしっかりすすぎます。

あとは着物専用のハンガーにかけて陰干しをして完成となります。

干すときはなるべくしわを伸ばして干すようにするとよいでしょう。

◇まとめ

浴衣は着終わったら専用のハンガーにかけ、季節が終わる頃にクリーニング屋さんに出すという人が多いのではないでしょうか。

しかし、少し手間ですが浴衣も手洗いで洗うことが出来ますし、それが面倒という方でも洗濯機の手洗い機能を使用すれば簡単に洗うことが出来ます。

夏になるとお祭りや花火大会など何度も活躍する場がある浴衣。

夏の外出は汗をかくことも多いので、着るごとに自分でお手入れをして、毎回さわやかに浴衣を着こなしてみてはいかがですか?

中には自分では洗うことのできないものもあるので、洗う前には必ず洗濯表示を一度確認することも必要ですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ