窓の寒さ対策にプチプチは有効?100均の対策グッズでおすすめは?

寒さ対策で窓にプチプチを貼るのは本当に有効なのでしょうか。

チプチ以外に100均でも売っている寒さ対策におすすめのグッズを紹介します。

またお風呂(浴室)の窓にはどのような寒さ対策をしたらいいのかも紹介します。

窓の寒さ対策

寒い時期になると寒さ対策を考えますよね。

もちろん暖房を使って部屋を暖めると思いますが、どうしてもその熱は外に逃げてしまうものです。

暖めた熱が一番逃げてしまう場所は「窓」です。

つまり、窓をしっかり断熱対策をすることでより暖かく過ごすことができるというわけなんです。

では、ここでは窓にできる寒さ対策について見ていきたいと思います。

    目次

  • 寒さ対策で窓にプチプチは効果ある?
  • 100均ショップで買える窓の寒さ対策におすすめは何?
  • お風呂(浴室)の窓の寒さ対策の方法は?
スポンサードリンク

寒さ対策で窓にプチプチ(エアーマット)は効果ある?

プチプチ(エアーマット)の写真

断熱効果が期待できるといわれているプチプチ。

プチプチは梱包材によく使用されています。

そんなプチプチを窓に貼り付けて断熱をするという人も少なくないと思います。

では実際にプチプチを窓に貼る効果はあるのでしょうか?

プチプチは断熱シートに比べると効果は劣る!

プチプチは窓に貼ることで断熱効果は期待できます。

それにプチプチなら無料でも手に入れることは可能です。

しかしプチプチに断熱効果は期待できるけど、断熱シートに比べると効果は劣ります。

それにプチプチを一つ一つ窓全体に貼るのはとても手間がかかります。

プチプチは意外と他の断熱対策と比べると効果はそれほど高くないのです。

スポンサードリンク

100均ショップで買える窓の寒さ対策におすすめは何?

寒さ対策といっても、やはりなるべくならお金をかけずに簡単に行いたいものですよね。

今では何でもそろう100円ショップでは窓の寒さ対策をすることはできます。

では100均ショップで買うことができる窓の寒さ対策におすすめは何があるのでしょうか?

100均にも断熱シートが販売されている!

100均の断熱シートの写真

100円ショップにも窓の冷気をシャットアウトできる断熱シートが販売されているんです。

これを窓に貼るだけでもずいぶんと断熱効果が期待できます。

それが100円で手に入るなんていいですよね。

しかも窓に貼るだけで断熱効果だけではなく、冬には気になる結露も防止してくれるのでまさに一石二鳥です。

もちろん100円ショップの断熱アイテムはそれだけではありません。

あったかボードをカーテンの裾にプラス!

あったかボードの写真

窓の断熱に欠かせないのは断熱のカーテンです。

しかし隙間が空いてしまっていてはそこから冷気が入り込んでしまいます。

100円ショップではそんなカーテンの裾にプラスできる「あったかボード」などのアイテムもありますよ。

カーテンの下に空いている隙間から冷気が入らないようシャットアウトするのです。

使い方は、

  • 折り目を利用して窓際に立てる(置く)
  • カーテンと壁の間に挟む
などして窓からの寒さ対策をすることができます。

つまり100円ショップのグッズでも十分に窓の寒さ対策ができるというわけです。

お風呂(浴室)の窓の寒さ対策の方法は?

冬のお風呂というのは体が温まるまでとても寒いですよね。

もちろんお風呂の場合でもせっかく浴室を温めても窓からその熱は逃げてしまいますよね。

ではお風呂の窓にはどのような対策をすることができるのでしょうか?

断熱シートを貼る!

まずは普通の部屋の窓と同じように断熱シートを貼るだけでもずいぶんと違います。

ただ、お風呂というのはどうしても湿気がこもってしまいますよね。

では他にはどのような対策があるのでしょうか?

お風呂の窓に断熱材をはめる!

思い切って窓に断熱材をはめるという方法があります。

断熱材はホームセンターで売っていますし、無料でカットしてもらえます。

あらかじめ窓のサイズを測っておいて、ホームセンターでそのサイズにカットしてもらいましょう。

そこまで手間をかけたくないという人なら、バスマットを使用する方法もあります。

お風呂の窓に突っ張り棒を横にかけ、そこにバスマットを立てかけるだけでもずいぶんと違ってきますよ。

まとめ

窓というのは家の中でも特に温かさを外に逃がしてしまう場所でもあります。

その為、窓を集中的に断熱をすればだいぶ部屋の熱を逃がさずに済むというわけです。

ホームセンターなどには多くの断熱グッズが販売されていますし、最近では100円ショップでも断熱シートなどが販売されています。

窓を上手に、そして効率的に断熱して温かく冬を過ごしましょう。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ