爪がボロボロになる原因と治す方法!栄養不足も関係してる?

爪がボロボロになる原因と治すにはどんな方法があるのかお伝えしています。

爪がボロボロ

特に心当たりもないのに気が付くと常に爪がボロボロになってしまっているなんて言う事ってありませんか?

爪がボロボロになる原因は乾燥だけでなく、

栄養不足などもも関係してるのか?そしてどんな対策やケアをしたらいいのか?ツメに塗るおすすめの保湿商品には何があるのか?

などボロボロになってしまう爪の原因や治す方法などについて確認していきましょう。

    目次

  • 爪がボロボロになる原因とは?
  • 爪のボロボロを治す方法とは?
  • 爪がボロボロなのは栄養不足が原因?
スポンサードリンク

爪がボロボロになる原因とは?

普段からネイルアートなどをしている人が爪がボロボロになってしまうのは原因はわかっていますが、中には何の心当たりもないのに爪がボロボロになってしまい困ってしまっているという人がいますよね。

では、そんな人はなぜ爪がボロボロになってしまうのでしょうか?

爪がボロボロになる原因にはいくつか考えられます。

栄養不足・乾燥

まず考えられるのが、栄養不足や乾燥です。

爪が作られるためには、ビタミンA・カルシウム・ビタミンなどが必要になってきます。

しかしバランスの偏った食事を繰り返していると、爪に影響を与えてしまうのです。

逆に、爪がボロボロになってしまうのは、栄養が足りていないというサインとも受け取れるのです。

⇒爪の栄養不足・乾燥対策におすすめの栄養液はこちら。

爪水虫

次に、爪水虫。

良く足などが水虫になりますが、爪も水虫になることがあります。

この場合には、なるべく早く皮膚科を受診して内服薬や外用薬などで治療をする必要があります。

爪水虫の対策におすすめのジェルはこちら。

爪のボロボロを治す方法とは?

爪がボロボロになってしまったら、爪が乾燥しているのかもしれません。

実際に爪というのはその15%ほどは水分でできているため、乾燥してしまうとボロボロになってしまうのです。

しかし、この時に、爪の表面ばかりを保湿しても意味がないんです!

実は爪の内側には水分が蓄えられていて、常に爪が乾燥しないように守っているのです。

しかし、この内側の水分が失われてしまうことによって爪の水分まで失われて爪自体が乾燥し、ボロボロになってしまうという事も考えられるのです。

爪の内側からケアしなければ意味がない!

つまり、爪がボロボロになってしまい、その原因が乾燥によるものだとしたら、ただ表面だけをケアするだけではなく、内側からもきちんとケアをしなければ意味がないという事になるのです。

⇒爪の内側からの傷みもケアしてくれる爪用のネイルエッセンスはこちら。

爪がボロボロなのは栄養不足が原因?

先ほども話しましたように、爪がボロボロになってしまう原因の一つとして、栄養不足が考えられます。

特に最近の若い女性の多くは、ダイエットなどでどうしても栄養バランスが偏ってしまっています。

そして、身体の中で不足している栄養は、まずは命に係わるところへ送られることになるので、必然的に生命とは関係のない爪への栄養が滞り、爪がボロボロになってしまうというわけです。

爪が作られるためには、

  • ビタミン
  • カルシウム
  • 鉄分
  • 亜鉛
などが必要になってきます。

実は、栄養が不足すると、様々な爪の異常が現れることが多いのですが、その症状によってどのような栄養が不足しているのかわかるのです。

⇒バランスの良い食事がなかなか難しい場合はこちら。

まとめ

爪というのは、特に女性にとってはファッションの一部としてネイルを楽しんでいる人も多いと思います。

しかし、栄養や水分が不足したり、体調を崩す、時にはカビが原因でボロボロになってしまうことがあります。

女性ならいつまでも美しい爪のままでいたいものですよね。

しかし、きちんとケアをせずにネイルアートばかりしていると、爪がボロボロになってしまう原因ともなりかねません。

爪をボロボロにしないためには、爪自体のちょっとした変化も見落とさないようにし、もしも異常が現れたらどのようなことが原因になっているのかきちんと原因を突き止めてしっかりと対策をすることが大切なのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ