紫外線アレルギーの症状とは?効果的な日焼け止め対策や治療法は?

紫外線アレルギーのことについて確認していきましょう。

紫外線アレルギー

温かくなってくると、次第に日差しも強くなり、特に女性の場合には紫外線が気になりだしますよね。

紫外線対策というと、やはり日焼け止めを利用することになると思います。

ただ、そんな紫外線が気になりだす季節になると、急にお肌の調子が悪くなったりお肌が荒れてくるなんて言うことってありませんか?

しかし、もしかしたらその症状は紫外線アレルギーが原因かもしれません。

あまり聞かない「紫外線アレルギー」ですが、いったいどのような症状なのでしょうか?

そしてどのような対策をすればいいのでしょうか?

目次

  • 紫外線アレルギーの症状とは?
  • 紫外線アレルギーには日焼け止め対策が有効?
  • 紫外線アレルギーの治療方法とは?
スポンサードリンク

紫外線アレルギーの症状とは?

紫外線アレルギーと聞いてちょっとピンとこない人も少なくないと思います。

そもそも紫外線アレルギーの症状とはどんなものなのでしょうか?

具体的な症状は?

まず紫外線アレルギーは日光に当たることで現れるアレルギーなので、日光に当たったところだけ現れるようなイメージがあります。

  • その部分が肌荒れしたり、湿疹・かぶれ・じんましん・腫れなどが起こります。
  • 目が充血したり、涙が出たり、目がごろごろしたり。
  • 他にも頭痛・吐き気・発熱なども起こることもあるのす。

このような症状が重なるようであれば、もしかしたら紫外線アレルギーかもしれません。

その場合には、皮膚科などで検査を受けることができます。

紫外線アレルギーには日焼け止め対策が有効?

紫外線アレルギーを防ぐためには、やはり大切なのは紫外線を受けないことです。

紫外線を受けないようにするためには、日焼け止めは必須アイテムですよね。

スポンサードリンク

日焼け止めの選び方

もしも紫外線アレルギーの場合にはどのような日焼け止めを選べばいいのでしょうか?

日焼け止めには紫外線吸収剤・紫外線散乱剤の2種類があります。

紫外線アレルギーの場合には、紫外線を跳ね返すものを選ぶことをお勧めします。

紫外線を吸収するものだと、皮膚が弱い人には逆に悪影響を及ぼす可能性があります。

そしてもう一つ気にする必要があるのがUVAの数値が多いものを選ぶことも大切になってきます。

それだけではなく、外出するときにはサングラスや日傘・手袋などあまり露出をしないように心がけることも大切です。

紫外線アレルギーの治療方法とは?

もしも紫外線アレルギーだということが分かった場合にはどのように対策をしたらいいのでしょうか?

紫外線アレルギーの時には、皮膚科で治療を受けることができます。

では、皮膚科ではどのような治療を受けるのでしょうか?

まず、症状が軽いときには非ステロイド剤の塗り薬やステロイド剤の塗り薬などが処方されます。

ただ、長期に利用すると副作用が起こる場合もあるので、抗アレルギー薬が処方されることもあるようです。

逆に今では抗アレルギー薬が処方されることの方が多いという話も聞きます。

まとめ

紫外線アレルギーは自分では判断することが難しく、他の皮膚疾患と勘違いする人が多いようです。

しかし、他の皮膚疾患と勘違い対策をしてもなかなか治すことはできません。

特に春先に皮膚にかゆみを生じたり、そのほかの症状が合わせて現れた場合には紫外線アレルギーの可能性が考えられます。

その場合には、一度皮膚科を訪れることをお勧めします。

もちろん他にも紫外線アレルギーを予防するためには、日ごろから紫外線を受けないように対策をしたり、日焼け止めを使用する際にも刺激の弱く、紫外線を跳ね返すタイプのものを使用することをお勧めします。

紫外線アレルギーは皮膚疾患だけではなく体調を崩すことも少なくないのでなるべく早く対策をしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ