単身赴任手当の相場や平均は?手当は課税対象になる?

単身赴任手当の気になる疑問についていろいろと見ていきましょう!

単身赴任の手当

  • 単身赴任手当の相場や平均はいくらくらいなのか?
  • 単身赴任手当は課税対象になるのでしょうか?
  • もし単身赴任手当なしの場合、会社は労働基準法違反にならないのか?

などについて確認してみましょう。

単身赴任となると、住まいを別にするわけですから別の費用が掛かるようになりますよね。

そのため会社から単身赴任手当というものが出るのが普通です。

しかし、その金額は会社や条件によって様々です。

単身赴任の前にその金額を確認しないと、せっかく慣れない土地に無理をして単身赴任をするのに生活費まで大変なことになりかねません。

では、ここではそんな単身赴任の手当について見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

単身赴任手当の相場や平均は?

やはり、単身赴任をするとなると、一番気になるのはその手当ですよね。

単身赴任は生活を全く切り離さなくてはいけなくなるので

  • 住む場所
  • 生活費
  • 光熱費

など様々な費用がのしかかってきます。

会社側としては、負担をさせる分しっかりと手当を出すことが義務だといえるでしょう。

ではそんな単身赴任手当の相場はどのくらいなのでしょうか?

これは特に金額が決められているわけではないので会社によって様々です。

単身赴任の金額の相場は?

しかし、少ないところだと2.5万円程度、高くても5万円ほどのようです。

いろいろと話を聞いてみると平均して4万円程度が単身赴任の相場の平均といえると思います。

ただ、問題なのはその他の居住手当や規制時の交通費、光熱費などです。

実際に単身赴任をする場合、どのような手当てが出るのかしっかりと把握しておくことが大切になってきます。

単身赴任手当は課税対象になるの?

単身赴任手当というのは、いうなれば仕事で働いてもらう給料とは別の感覚ですよね。

スポンサードリンク

その場合、ちょっと気になるのが単身赴任手当は課税対象になるのかということです。

これは単調直入に言うと単身赴任手当は課税対象になります。

それは、「手当」というものが、形を変えた給与の1つということになるからです。

あくまで給与の中の手当の一つになるため、もちろん課税対象になります。

その為、単身赴任手当がすべて手に入ると最初に勘違いしてしまうと大変なことになるので注意しましょう。

ただ、課税の対象になるからと言って、全体的に手取りが増えたり減ったりするということもないのでそこのところは安心してよさそうです。

単身赴任手当なしの場合は労働基準法違反にならないの?

せっかく単身赴任をしても、単身赴任手当が出ないという会社も少なからずあるのが現状です。

しかし、同じ単身赴任をしているのに単身赴任手当が出ないとなるとそんな気分になりますよね。

本来出てもおかしくない単身赴任手当、出さない会社は労働基準法違反に当たらないのでしょうか?

単身赴任手当と労働基準法との関係

実は、単身赴任手当や単身赴任の際の規制の補助費だけではなく、扶養手当・家族手当などの各手当は、会社から支給されなくてもこれは労働基準法とは関係ありません。

これらは会社の福利厚生関係に当たります。

その為、単身赴任手当がある、ないは会社の自由。

それにたとえ手当がある会社でも金額がそれぞれ違うのはそんな理由があるのです。

その為、もしも旦那さんや自分が単身赴任を言い渡された場合、まずは単身赴任手当が出るかどうかなどをしっかりと確認することをお勧めします。

まとめ

単身赴任をすることになった場合、単身赴任手当というものは金額はそれぞれどころか、出るか出ないかも会社次第なのです。

たとえ単身赴任手当が出なかったとしても、それは会社側には何の違反にもあたりません。

その為、もしも単身赴任をすることになった場合はまずどのような負担を会社が請け負ってくれるのか、そして単身赴任手当は出るのかどうかをまずしっかりと確認するようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ