入学祝いの相場!姪と孫と甥の場合の金額はいくら?

入学祝い相場っていくらなのでしょうか?

お子さんが入学をしなくても、親戚などの身内で入学をするお子さんがいると入学祝いの準備をしますよね。

ただ、ここで悩んでしまうのが、入学祝いの相場です。

入学祝い相場

周りより少なかったらちょっと恥ずかしいですから実際にどのくらいの入学祝を用意したらいいのでしょうか?

さらに、姪や甥だけではなく、お孫さんに贈る入学祝いの金額も迷うところだと思います。

贈る先の親御さんに常識がないと思われないようにしっかりと調べておきたいものですよね!

そんな入学祝いの相場をここで紹介していきます。

スポンサードリンク

入学祝いの相場!姪の場合はいくらくらい?

入学祝いの相場、相手や入学をする学校によって違うのでは?と戸惑ってしまう場合もありますよね。

そこでいろいろと調べてみたのですが、人や家庭によって考え方が違うようです。

そしてそのことから分かったのが、「金額には特に決まりがない」ということです。

親戚の場合は!

ただ、親戚に渡す場合には、親戚同士をで金額を合わせたり、以前自分の子供にいただいていれば同じ金額を渡すということです。

もしも姪に入学祝いを渡す場合には、同じ条件の親戚がいれば、どのくらいの金額を用意するのか聞いてみるといいかもしれませんね。

過去にもらったことがある人には!

もしもいない場合で、自分の子供に以前いただいたことがあるときは同じ金額を渡すのがいいと思います。

初めて姪に入学祝いを渡す場合には、迷うところですが、だいたい1万円くらいが相場となっているようですよ。

入学祝いの相場!孫の場合はいくらくらい?

もしもお孫さんが入学するとなると、お祝いはどのくらいになるのでしょうか?

小学生の場合は!

その前に、もしもお孫さんの小学校の入学というと、定番なのがランドセルや学習机のプレゼントになると思います。

スポンサードリンク

パパとママの実家から、片方からランドセルを、そしてもう片方からは学習机をプレゼントされるという家庭も多いようです。

そうなると、ランドセルや学習机の相場がそのままお孫さんの入学祝の相場となります。

学習机やランドセルの値段となると本当に幅が広くなってきます。

でも、プレゼントの相場としては、だいたい3万円から5万円程度となっています。

中学生・高校生の場合は!

ただ、中学・高校となると、そのくらいの金額を現金で包むという人が多いようです。

大学生の場合は!

そして問題が大学の入学祝。

大学入学となると、場合によっては一人暮らしをしたりすることもあるでしょう。

そんな場合には引っ越し費用や生活必需品などの購入資金として10万円以上を包むという人もいるようです。

さらに、入学金をすべて負担したりする人もいたりとだいぶ考え方で違ってくるようですよ。

入学祝いの相場!甥の場合はいくらくらい?

甥の入学祝いの相場ですが、これは姪と同じですね!

特に決まりはないようですが、だいたい5千円から1万円程度。

1万円くらいという人が多いです。

ただ、こちらも姪と同じように、以前いただいた経験があれば同じ金額でそろえた方がいいでしょう。

もしもほかに入学祝いを渡す過程があれば、事前に話をして金額をそろえるというのも一つの方法です。

ただ、もちろん考え方にもよるのですが、高校・大学の入学の場合には金額を2万円から3万円くらいに上げるという人もいます。

その理由は、高校・大学には事前に入試があり、その合格のお祝いも兼ねているようですね。

まとめ

どうでしたか。

姪や甥、お孫さんへの入学祝の金額の相場は厳密には決まっていません。

その為、事前にいただく機会があった場合にはしっかりとメモして置いたり、周りと相談したりすることも大切になってきます。

特に、お孫さんの入学祝いとなるとついつい金額を多めに用意してしまいがちですがそのあたりもよく考えてから用意した暢がよさそうですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ