入学祝いのお返しマナー!のしの書き方とお返しの時期とは?

入学祝いお返しマナー

入学祝いお返しマナーにはどんなものがあるのでしょうか?

お子さんが入学や入園をするとなれば、そのお祝いをいただくことも多いと思います。

もちろんお祝いを頂いたらお返しをすることも大切で、このお返しを「入学内祝い」といいます。

お子さんのためにいただいたお祝いのお返し、きちんと心のこもったお返しをしたいものですが、初めての場合にはいろいろと悩むことも多いと思います。

では、ここでは入学祝いのお返しのマナーとして

  • のしの書き方
  • お返しをする時期

にも注意しマナー違反にならないお返しについて確認しましょう。

入学祝のお返しのマナーとは?

入学祝いを頂いたら、きちんとマナーを守ってお返しをしたいものです。

では、どのようなものがあるのでしょうか?

ここでは逆にどのようなものが「マナー違反」だと思われているのでしょうか?

お返しが遅い!

まずは、入学内祝いが遅くなってから届いたということ。

せっかくプレゼントを贈っても、何の連絡もなく忘れたころになってお返しが届くというのも失礼にあたりますよね。

渡し方!

そして次に、直接渡さずに人を介して渡すこと。

せっかくのお返しですからできれば直接手渡し、難しい場合には郵送でメッセージなどを添えて送るといいでしょう。

のしに包んでいない!

中には、贈り物なのにのしに包まずにそのまま渡されたという人もいるようです。

どんなに気心の知れた相手でも、贈り物はきちんと包装するのがマナーです。

お返しの金額!

金額にも注意したいものです。

だいたい内祝いの相場はいただいたものの半額から3分の1程度。

それ以下のものを贈ってもいただいたもの以上の品を贈っても失礼にあたるので注意しましょう。

スポンサードリンク

このように、マナーを守らずに相手に不快な気持ちを与えていることもあるので、注意して贈るようにしましょう。

入学祝のお返しのしの書き方とは?

入学祝いのお返しをするときにももちろんのしは必要です。

しかし、はっきり言ってあまりなじみのない「入学内祝い」。

のしはどのように書いたらいいのでしょうか?

まず、のしから見ていきたいと思います。

のしの種類と違い

お祝い用ののしには2つの種類があります。

一つは何度も繰り返したくないお祝い、例えば「結婚祝い」や「快気祝い」や内祝いがそれに当たります。

その時には簡単にはほどけない「結び切り」の水引きがついたのしにします。

しかし入学は何度あってもおめでたいお祝いなので、何度でも結び直せる「蝶結び」の水引きがついたのしを使いましょう。

のしの書き方

そしてのしの書き方ですが、上側には「入学内祝い」もしくは「内祝い」、下側にはお子さんの名前を記入します。

特に決まっているわけではありませんが、小学生くらいまでは下の名前のみを書く場合が多いようですよ。

入学祝のお返しの時期は?

一番悩むのは入学祝いのお返しの時期。

先ほども書きましたが、あまり遅くなると失礼にあたるので注意が必要です。

ではどのタイミングが一番良いのでしょうか?

入学祝いをいただくのは入学式前がほとんどだと思います。

中には早めにいただくこともありますが入学内祝いは少なくとも入学式の後の、目安としては1か月以内に贈るようにしましょう。

  • 出来ればいただいたお子さんが直接お礼が言えるように一緒に訪問するようにしましょう。
  • もしも遠方など訪問が難しい場合には、お子さん直筆のお礼状などを同封して送るようにしましょう。

まとめ

どうでしたか?

お子さんがいる方は、何度か入学祝いをいただくことがあると思います。

その際には、もらったままにせずにきちんとお返しをすることが大切になってきます。

その時に、注意しなければならないのは、お祝いをもらったのはあくまでお子さんだということ。

出来ればお子さんが直接お礼ができるようにお返しを贈るようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ