夏バテ時の食事メニュー|子供や幼児の注意点!

夏バテの子供

夏バテをすると食欲をなくし、食事をしないと余計夏バテが悪化してしまいますよね。

大人なら夏バテをしても栄養を取るために食べやすい食べ物を意識してとることが出来ますが、子供はなかなか難しいものです。

では、夏バテをした時の食事メニューはどのようなものを子供に食べさせればよいのでしょう?

スポンサードリンク

夏バテをした子供にはどのような食事メニューにしたらいい?

夏バテをしてしまうとどうしてもさっぱりしたものばかり食べたくなってしまうもの。

特に子供であれば冷たいアイスやジュース、ゼリーばかり欲しがってしまうものです。

でもこれだけでは栄養が偏ってしまって心配ですよね。

ただ、食べられない子供にいきなりがっつりしたものを無理やり押し付けてしまうのも無理があると思います。

もしお子さんが夏バテになってしまったら、まずは口にできるものから食べさせてあげるのが良いでしょう!

夏バテにはバナナ

  • 食べやすくて栄養価の高いもの、ヨーグルトやバナナなども良いと思います。
  • 野菜不足が気になるときには野菜スープはいかがでしょうか。
  • お子さんが食べられる野菜を何種類か細かく刻んでコンソメスープにしてあげれば食べやすいと思います。

どうしても暑い時には冷たいものを食べたくなりがちですが、夏バテ予防や夏バテになってしまった時には逆に暖かいものを食べた方が、身体にあまり負担がかからないので試してみてください。

夏バテで食欲不振の幼児にお勧めのメニュー

夏バテの幼児
小さなお子さんが夏バテをしてしまった時にもやはり普段から好きなもの、食べやすいものを考えてあげるのが良いです。

幼児が好きなものといえば、麺類ではないでしょうか。

スポンサードリンク
  • 特に夏にお勧めの麺類といえば「そうめん」や「ひやむぎ」ですよね。
  • 他にも好きなフルーツやヨーグルトもお勧めです。
  • 野菜不足が気になるけれど、野菜を食べてくれないという時には「野菜ジュース」をあげてみるのも良いでしょう。

他にも、普段好きなものを少し柔らか食べやすくして出してあげるというのも1つの方法になると思います。

夏バテをしてしまったら、無理をせずに食べられるものを食べられる分だけ食べさせてあげて、回復してきたら少しずつ栄養を考えて食べさせてあげましょう。

夏バテをした時に食事のメニューで注意したいことは?

夏バテをしてしまった時、夏バテを解消するためにがっつりしたものを食べなければと思ってしまいませんか?

例えば鰻やお肉など。

でも、ここで注意してほしいのは、鰻やお肉などスタミナ満天のものを食べるのはかえってよくないことが多いのです!

夏バテをしているときは、身体全体が弱っている状態。

夏バテの食事での注意点
もちろん胃や消化器系も弱っています。

そんな時にスタミナのあるものを食べると、せっかくの栄養が吸収しにくいどころか逆に胃に負担をかけてしまって帰って体調を崩してしまうことがあるのです。

そのため、スタミナ料理は夏バテ防止、もしくはある程度体力が戻ってきてから食べた方が良いでしょう。

◇まとめ

夏バテになると食欲がなくなってしまいます。

特に子供の場合には食欲がなくなってしまうと食べたいもの以外なかなか口にしたがらないもの。

でも、ここであまり無理強いはさせない方が良いでしょう。

最初は食べられるものだけを食べさせてあげて、調子が良くなってきたら徐々に栄養のあるものを食べさせてあげるようにすれば大丈夫です。

もちろん、夏バテにならないように普段からあまり冷たいものだけをあげないようにする、きちんと栄養を考えて食事を作るという事も大切ですよ。

暑くても夏バテに負けずに子どもたちには元気にモリモリ食べてほしいものですよね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ