悪酔いしない方法とは?悪酔いの原因と対策を知ろう!

悪酔い

忘年会や新年会や歓送迎会などでお酒を飲みすぎてしまうと心配なのが悪酔い二日酔いですよね。

忘年会で悪酔いをする前に、悪酔いをする原因と対策を知り、その対処法についてあらかじめ勉強しておきましょう。

スポンサードリンク

悪酔いしない方法とは?

悪酔いの大きな原因は肝臓のオーバーワーク。

つまり、悪酔いをしないためには、肝臓の許容範囲で飲めばよいのです。

では悪酔いしない方法とは具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。

悪酔い防止は飲み方に注意をする!

まずは、ゆっくりとお酒を飲むことです。

悪酔いする人の中の傾向として、ハイペースで飲むということがあります。

お酒を一気に飲んでしまえば、肝臓も一気に負担を受けることになり、それが悪酔いの原因となるのです。

お酒を飲む速度が早ければアルコール分解処理も遅くなるので酔う速度も速くなるため、逆にゆっくり飲むと酔いにくくなります。

その他に、飲酒の合間に柑橘系のジュースを飲むことも良い方法です。

ジュースを飲むことで体内のアルコールを薄めたり、果糖はアルコール分解を早める効果が期待できます。

悪酔いの原因とは?

悪酔いにはいくつもの原因が考えられます。

悪酔いの原因となるものをいくつか挙げてみると、

  • 飲むスピードが速い。
  • いろいろなお酒を飲む。
  • 空腹時に飲む。

などがあります。

悪酔いの原因は、肝臓がアルコールを分解しきれずに起こるもの。

その為肝臓が分解しきれないアルコール分を一気に飲むのもいけませんし、空腹時にお酒を飲めば肝臓だけではなく胃にも負担をかけることになります。

スポンサードリンク

悪酔いを避けるための対策!

悪酔いを避けるためには、

  • ゆっくり飲む。
  • ほどほどに飲む。
  • 毎日お酒を飲まずに休肝日を作る。

というのも方法の一つですよ。

悪酔いをしてしまったときの対策とは?

もしも悪酔いをしてしまったら、まずは体の中のアルコール度を薄めることが改善の方法の一つです。

  • 大量の水やジュースを飲みアルコールを薄める。
  • 排尿してアルコール分を外に出す。

などすることを第一に考えましょう。

どうしても悪酔いをしすぎてしまって気持ちが悪くなってしまったという場合には、吐くという方法もあります。

もちろんこれも水分をどんどん取りながらの方が効果があります。

さらに、酔いがさめてきたらぐっすりと寝てしっかりと休息をとるようにします。

もちろんこの時もなるべく多くの水分を取ってから寝るようにするといいですよ!

ただ、急性アルコール中毒になってしまった人にこの方法を行うと、吐いたものがのどに詰まって死んでしまうこともあるので絶対にやめてください

まとめ

忘年会や新年会や歓送迎会などではどうしても調子に乗って必要以上にアルコールを飲んでしまって悪酔いをしてしまうということも少なくありません。

そうならないためには、一番大切なのは、無理をしてお酒を飲まないこと。

そして飲むときは自分のペースで飲むこと。

どうしても大量に飲んでしまったら、水やジュースなどで体内のアルコール分を薄めるという方法があります。

そして、もしも自分がお酒を大量に飲んでしまうということが予測できるのであれば、あらかじめ準備をする必要があります。

とにかくお酒を飲むときにはムリをしない、お酒を飲みながら合わせて水や柑橘系のジュースなどを大量にとって体内のアルコール分を薄める。

そして大量に水分を摂取して少しでもアルコールを外に出すということが大切なのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ