年末調整の振込時期は?いつ還付金の返金が会社から戻る?

年末調整の時期

毎年年末になると会社員の人や公務員の人などは年末調整時期となりますよね。

だいたい11月~12月ごろになると、会社側から必要書類の提出を求められると思います。

そうすると、提出書類の内容によって、還付金が戻ってくる人がほとんどだと思います。

人によってはかなりの金額が戻ってくることもあるので、楽しみにしている人も少なくないのではないでしょうか?

ではその年末調整での

  • 還付金の金額が返金される時期はいつ頃になるのでしょうか?
  • どのような形で戻るのでしょうか?振込で会社から戻ってくるのでしょうか?
スポンサードリンク

年末調整の還付金が振込される時期はいつ?

そもそも年末調整の還付金はもらえる形も違っているようですね。

給与とは別に

  • 手渡しで渡されるところ
  • 給与と一緒に振り込まれるところ

という人もいます。

給与と一緒に振り込まれる場合はもちろん給料日が還付金の振り込み日にもなるわけです。

しかし、その振り込みの給料日の月は、会社によって違うようです。

  • 早いところでは12月の給与と一緒に。
  • さらに、1月、遅いところでは2月の給与と一緒

というところもあるようです。

どちらにしても、振り込みで還付金を渡す場合には会社としては振り込むために振込手数料が発生してしまうため、給与と一緒というところが多いみたいですね。

年末調整の還付金が返金される時期とは?

年末調整は、会社から給与と一緒に振り込まれる場合と、ところによっては直接現金で手渡しされる人もいるようです。

その場合は受け取る本人の希望の場合もあるようですし、会社の体制という場合もあるようです。

しかし、どちらにしても会社としては構わないというのが現実のようで、中には社員の希望に沿ってというところもあるほど。

スポンサードリンク

年末調整の還付金が現金で払われる場合も、給与と一緒に振り込まれる場合も返金時期は変わらないです。

ただ、給与に合わせて支払う必要がないので、現金の場合は毎年計算が終わり次第、という形になりますね。

年末調整の還付金は会社から戻ってくるの?

年末調整は、1年分の支払った税金と、実際に支払う税金額を照らし合わせてその差額が戻ってくるというものになります。

なぜその差額が生まれるかというと個人加入の生命保険など、普段、会社が把握していない分の控除額があるからです。

ほとんどの場合は会社から還付金として戻ってくる形になりますが、場合によっては返ってくるどころか逆に足りない分の税金を追加で支払わなくてはならないこともあります。

毎年還付金が戻ってきていたのに、今年は少ない、どころか支払額があるからといってそれは会社の計算が間違っているわけではありません。

時にはそういうこともあるようですが、ほとんどの場合は間違えなくそのような状況に合わせているということになります。

その為、必ずしも会社から還付金が戻ってくるというわけではないのです。

まとめ

年末調整というのはおおざっぱに年末というイメージがありますが、一応締め切りは1月31日となっています。

ほとんどの会社はその前に計算を終えてその差額を給与と一緒に振込、もしくは現金で直接手渡しという形で渡されることになります。

給与での還付となると、還付時期はだいたい12月、1月、遅いところになると2月の給与でというところもあるようです。

そして、年末調整となると、支払いすぎた税金が返ってくるというイメージがありますが、場合によっては不足した分を支払わなければならないこともあります。

もしも不足した分を支払うことになってもそれは会社の計算ミスなどではなく、そのような状況だということになります。

それでもほとんどの人は差額の還付金が戻ってくるので楽しみにしている人がほとんどのようですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ