口内炎パッチの効果は?大正Aなどは付けたまま食事できる?

口内炎パッチ

口内炎ができてしまうとちょっと厄介ですよね。

口内炎がある間は気になってしまいますし、食事の時は大変だから少しでも早く治ればいいと思いますよね。

そんな時にはいろいろと口内炎を治す方法がありますが、その1つが薬局などで市販されている口内炎用のパッチを使用するということ。

ただ、口の中に貼らなければいけないので、

  • 「すぐにはがれてしまうのではないか?」
  • 「違和感があるのではないか?」

などと思ってしまいますよね。

では、口内炎ができてしまった場合、パッチはどのような効果があるのでしょうか?大正Aなどの口内炎用パッチをつけたまま食事をしても大丈夫なのでしょうか?

スポンサードリンク

口内炎パッチの効果とは?

口内炎パッチの効果

口内炎パッチは口内炎に貼ることによって患部に有効成分が働いて徐々に口内炎を治してくれるというもの。

もちろん、使ったらすぐになるというものではありませんが、使い続けることで効果は徐々に表れるようです。

そして何よりもありがたいのがパッチタイプのものの特性である「傷口を保護する」効果。

口内炎を治すための塗り薬もありますが、どうしても舌を当ててしまったりして自然と落ちてしまうもの。

しかし、パッチなら使い始めは違和感を感じてついつい舌ではがしたくなってしまいますが、慣れてしまえば気にならなくなってきますし(もちろん人にもよりますが)、意外としっかりとくっついてくれているようです。

そして、口内炎をパッチでしっかりカバーすることで、ものを食べるときに当たってもさほど痛くありませんし、飲み物を飲んでもしみるということが少ないのです。

スポンサードリンク

口内炎パッチ、大正Aとは?

口内炎パッチ、大正A

口内炎用のパッチというとまず「大正A」という人が多いようです。

大正Aはもちろん大正製薬から発売されている口内炎用パッチで、10枚入りのお値段は1600円くらいで結構お高め。

使用方法は1日1~4回貼るだけという簡単なものです。

もちろん有効成分が塗られているので、ぷっく利したイメージを持つかもしれませんが、実際のパッチは厚さわずか0.1mmとかなり薄く、これなら違和感なく貼れますよね。

そして実際に使用した人の口コミを見てみると、結構効果があるようですよ。

口内炎パッチをしたまま食事をしても大丈夫?

口内炎パッチをしたまま食事

口内炎パッチをつけて一番気になるのが食事ではないでしょうか?

もともと口内炎ができてしまうと食事をするときに不意に患部にものが触ってしまって痛みを感じるということも少なくないようです。

でも、口内炎パッチをつけていることで直接患部にものが当たらずに痛みをさほど感じず食事ができるという人もいます。

ただ、口内炎パッチはあくまでシール状で張り付けてあるだけなので、食事中に不意にはがれてしまうということにもなりかねません。

そうなると、最悪知らないうちにパッチを飲み込んでしまうということもありうるので、できれば食事中にパッチは使用しない方がいいと思います。

まとめ

口内炎というのは一度できてしまうと厄介なもの。

出来ればなるべく早く治ってほしいと思いますよね。

その一つが口内炎パッチ。

口内炎パッチは直接患部に張ることで有効成分が働いて口内炎を早く治してくれるものです。

しかしその他に口内炎を飲み物や食べ物から保護するという効果も期待できます。

口内にパッチというとはがれやすいというイメージがありますが、しっかりと張り付いてくれるので安心です。

口内炎ができてしまった場合にはパッチを使って治すという方法も考えてみるといいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ