夜尿症の大人の原因は?おむつの選び方とおねしょの治療法は?

夜尿症の大人
夜尿症というと、子供というイメージがありますよね。

もともとおねしょというのは身体が未発達な子供に起こるもので、成長するに従ってだんだん収まり、大体小学校に上がるくらいまでには治るものです。

しかし、中には身体の発達が遅いなどが原因で大きくなってもなかなかおねしょが治らずに夜尿症に悩む子やその家族も少なくありません。

そんな場合には、医療機関を受診し、投薬などで治す方法があります。

ただ、実はこの夜尿症大人でも悩む人もいるのです。

大人になって夜尿症というとやはり恥ずかしくて周りの人には言えず、表面に出ないことがほとんどなのです。

では、大人の夜尿症にはどのような原因があるのでしょう。そしておねしょ対策のおむつの選び方やどんな治療方法があるのでしょうか?

スポンサードリンク

大人の夜尿症の原因とは?

大人の夜尿症の原因として考えられるのが、ストレスです。

ストレスによって自律神経が乱れ、自律神経失調症になってしまうことで尿の量が増加しておねしょをしてしまうことがあるんです。

そして、大人のおねしょには、一次性と二次性に分かれます。

一次性のおねしょとは?

一次性のものは、子供の頃からおねしょがずっと続いている場合、そして、二次性というのはしばらくおねしょをしていなかったのに再発してしまう場合です。

どちらかというと一時性の夜尿症が割合的にはほとんどです。

二次性のおねしょとは?

二次性の夜尿症の原因として考えられるのはやはりストレスや過度な緊張などを長期間受け続けることというのが考えられます。

ただ、継続するものではなく、一時的なものであれば、特に男性は心配することはないでしょう。

他にも女性が出産後にストレスやホルモンバランスの崩れが原因で一時的に夜尿症になってしまったり、男女ともに加齢とともに腎臓の尿濃縮力が低下し、夜尿症の原因となることがあります。

大人の夜尿症のおむつの選び方

大人の夜尿症はただでさえ気になるものなのに、その都度処理をしなくてはいけないというのもまた精神的負担になるものです。

そんなときに便利なのがオムツの使用。

正直言って大人がオムツをするということ自体恥ずかしいことかもしれませんが、最近の大人用オムツは薄型のものもあり、普段から身に着けていても回りに知られることもありません。

さらに量が少ない人であれば、オムツを着けることをせずに尿とりパッドでも十分に対応できると思います。

スポンサードリンク

実際に大人の人で夜尿症に悩む人の多くはパンツ型のオムツを使用しているようです。

大人でオムツを使うということは恥ずかしい反面楽でもありますよね。

少なくても処理をする心配をしなくなります。

そのおかげで精神的負担が軽くなり、実際に利用してみて回数が減ったという人もいるそうです。

店頭で購入することが恥ずかしいという人は、最近ではネットで周りの人に知られることなく購入することも出来るので、ぜひ試してみてください。

→「大人用パンツ型おむつ」の一覧はこちら。

いろいろな種類がありますのでチェックしてみてください。

大人の夜尿症にはどのような治療法があるの?

大人の夜尿症を治すためにはまず専門の医療機関を受診することをお勧めします。

そこで主に行われているのが投薬療法とアラーム療法です。

アラーム療法とは?

アラーム療法というとあまり聞きなれない人が多いと思います。

アラーム療法とは、下着にアラームを取り付けて、尿でぬれた時にアラームがなることによって排尿をとめる効果があります。

これは、目が覚めなくてもアラームによって体が排尿をとめるようになるので、夜尿症を改善する効果が期待できます。

精神的なストレスなどが原因の場合には、おねしょをすることでさらに夜尿症を引き起こすことが考えられます。

そのため、周りの人もおねしょをあまり指摘しないようにし、本人自身もオムツなどを活用してあまり気にしないようにするというのも治療のひとつと考えられます。

まとめ

大人になってもなかなか夜尿症が治らないという人は意外と多いもの。

その原因としては精神的なもの、体質的なものとさまざまです。

夜尿症を少しでも早く治したい場合には、やはり医療機関を受診することが一番の近道です。

確かに大人になってもおねしょが治らないということは恥ずかしく、なかなか回りにいいにくいと思います。

それでも適切に対処すれば必ず直ります。

おねしょというのはストレスも原因と考えられます。

夜尿症だからとくよくよせずに、少しでも早く改善できるように対策をすることが大切なのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ