お彼岸のお墓参りはいつ行けばいい?服装や時間帯は?

お彼岸の墓参り
毎年春分の日・秋分の日をはさんであるお彼岸。

毎年この2度のお彼岸の時にはお墓参りをかかさないという人も少なくないと思います。

しかし、実際にはお彼岸墓参りいつ行えばいいのか、お墓参りに行く時間帯は何時くらいがよいのか、そしてどのような服装でおまいりすればよいのかを正しく知っている人は少ないと思います。

ここでは、お彼岸のお墓参りについて書いていきます。

スポンサードリンク

お彼岸のお墓参りはいつ行けばいいの?

お彼岸と一言に行っても春のお彼岸は春分の日を挟んだ前後3日の一週間、そして秋のお彼岸は秋分の日をはさんだ前後3日の1週間となります。

その間でいつお墓参りに行くのが一番よいのでしょうか?

実際にはお彼岸の期間であれば、いつに行かなくてはいけないということは決まっていません。

とにかくお彼岸の期間で日のよい日、家族が一緒にそろってお墓参りにいける日などを選ぶとよいでしょう。

ただ、仕事などの都合やお墓が遠いなどの理由でお彼岸の期間にお墓参りにいけないこともありますよね。

その場合には、無理にお墓に行かなくても、家に仏壇がある家庭であれば仏壇に手を合わせる、そして仏壇がない人は後日でもよいので都合がつく日に改めてお墓参りにいくというのでもよいと思います。

要はご先祖様への気持ちが大切なのです。

どうしてもお彼岸の間にお墓参りにいけなくても、きちんと忘れずにいるという心さえあれば、きっとご先祖様も喜んでくれると思いますよ。

お彼岸にお墓参りに行くときの服装は?

お彼岸にお墓参りに行くときには、基本的には平服で大丈夫です。

ただ、結婚をされて相手の家族と一緒にお墓参りにいく場合には、悪目立ちしないように派手でない色や服装を選んでいくといいでしょう。

スポンサードリンク

もし心配なら黒系の服装で行けば間違いないですよ。

もちろんその場合には、何か家族での決め事などがある場合には事前に聞いておくとよいでしょう。

もしもお彼岸の時に法要がある場合には礼服を着用しなければならないかどうか、こちらも事前に確認しておくことが必要になってきます。

お彼岸にお墓参りに行くときの時間帯は?

お彼岸にお墓参りに行く時間も特に決められているということはありません。

しかし、昔はお彼岸のお参りには朝一番か遅くても午前中に行くことが普通とされていました。

そのため、今でも年配の人の中にはこの考えを持っている人が少なくありませんし、午前中は大変混みあっていますよね。

でも、最近ではいろいろと個々の時間の都合もあったりするので、時間帯には特にこだわらずに午後にお墓参りに行くという人もたくさんいるようです。

ただ、あまり遅くなってしまうとお寺や霊園がしまっていたり、お寺の方に迷惑がかかるので、午後でも大体4時くらいまでには済ますとよいでしょう。

それに、やはり暗くなってしまってからのお墓参りというのもあまりよいものではありませんし、特に女性が暗くなってから一人でお墓に赴くというのも最近ではいろいろと物騒なので避けたほうがよいでしょう。

つまり、お彼岸のお墓参りは日のあるうち、家族や親戚が集まりやすい時間にそろっていくというのがいいと思います。

まとめ

お彼岸のお墓参りというのは、お盆ほど堅苦しいものではないと思います。

ただ、きちんとお彼岸の期間内にお墓参りをするということが大切になってきます。

もしもお彼岸に都合がつかなくても、何らかの形できちんとご先祖様にお参りをする、または日を改めてお墓参りをすることを忘れないでください。

要は、ご先祖様に対する心がけが一番大切になってくるのだと思います。

お墓が遠く、しばらくお墓参りにいけていない人も、お彼岸やお盆の時にはぜひお墓参りに行くことを考えてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ