ストレートネックの原因と治し方!ストレッチでも改善できる?

ストレートネックの原因にはどのようなことが考えられるでしょうか。

また、ストレートネックの治し方にはどのような方法があるのか?

そして、ストレートネックはストレッチでも改善することができるのかみていきましょう!

ストレートネックの原因と治し方

ストレートネックとは本来湾曲を描いているはずの首の骨が、何らかの原因でまっすぐになってしまう症状のことを言います。

見た目ではわからないまま症状だけが出るため、中には原因不明の症状に悩んでいる人も少なくないようです。

そんなストレートネックの原因や治し方をここでは見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

ストレートネックの原因とは?

そもそもストレートネックにはどうしてなってしまうのでしょうか?

姿勢が悪いのがストレートネックの原因に!

ストレートネックの原因で、昔多かったのは姿勢の悪さです。

良くずっとうつむき加減で猫背になってしまう人がいますよね。

ストレートネックも同じように姿勢の悪さが原因で起こってしまったものなのです。

椎間板ヘルニアがストレートネックの原因に!

椎間板ヘルニアもストレートネックの原因となっています。

スマホやパソコンの長時間利用がストレートネックの原因に!

最近で多いのは、スマホやパソコンを長時間利用することによるもの。

スマホやパソコンを使用する場合、ほとんどの人がうつむき加減の姿勢を取りますよね。

これを長時間行うことによって、徐々に首の骨のカーブが失われていきストレートネックとなってしまうのです。

ストレートネックの治し方とは?

ストレートネックになってしまったら、どう治していけばいいのでしょうか。

そもそもストレートネックは見た目では判断できません。

その為、症状を感じたらまずは整形外科などでレントゲンを撮ってもらい、ストレートネックになっているかどうかを見てもらう必要があります。

そして、ストレートネックだと診断されたら、治療となります。

ストレートネックは整形外科の病院で治療!

整形外科では主に、

  • 電気をかけて首周りの筋肉をほぐし、血行促進などを促す治療
  • 筋肉を緩める薬を処方する治療
などがあります。

他にも、

  • マッサージ師による施術
などで改善が期待できます。

ストレートネックは一度なってしまうとなかなか改善していくのは難しいものです。

すぐに治ることは期待せず、まずはストレートネックによる症状を軽くすることから始めていくといいでしょう。

スポンサードリンク

ストレートネックはストレッチで改善できる?

ストレートネックには、

  • 首の痛み
  • 肩こり
  • めまい・ふらつき
  • 手のしびれ
  • 頭痛や吐き気
など様々な症状が起こりうるものです。

他に、ストレートネックになっていても無症状の人もいて、実際にストレートネックになっているのに気づいていないという人も少なくありません。

では、ストレートネックになってしまったら、そしてストレートネックにならないためのストレッチの方法を見ていきたいと思います。

ストレートネックにならないためのストレッチの方法

まず立ち上がり、後ろに両手を腕に組み、息を吐きながら状態をそらしてストレッチを行います。

この時に後ろに組んだ両手は上に持ち上げます。

その状態で2~3回ほど呼吸をして、息を吐きながらゆっくりと元に戻り手をほどいて下さい。

ストレッチというのはすぐに結果が得られるというものではなく、継続することで効果をもたらしてくれるものです。

特に猫背の人は最初はつらいと思いますので、ムリをせずにゆっくりと行うことが大切ですよ。

まとめ

ストレートネックというのは、現代社会でスマホやパソコンが急激に普及することによって、多くの人にかかりやすい症状として知られるようになってきました。

自分では無意識でも、肩こりや頭痛、吐き気などの症状は時には生活に異常をきたすほどの深刻な問題となることもあります。

もしも、ストレートネックかもと思われる症状が継続するようであれば、一度整形外科の方で「ストレートネックかもしれないので見てください」と伝え、レントゲンを撮ってもらうといいでしょう。

そこで問題がなければいいのですが、ストレートネックの症状がある場合には、少しでも早く改善できるよう、自分に合った改善方法を見つけてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ