梅雨の眠気の原因とは?眠いのを改善する対策方法はコレ!

梅雨の眠気や眠いと感じてしまう原因とは、どんなことが考えられるのでしょうか?

梅雨の時期の眠気を防ぐ対策や改善方法には何があるのか確認していきましょう!

梅雨の眠気の原因

梅雨の時期、しっかり毎日寝ているにもかかわらず普段よりも眠気が襲ってきませんか?

中には、梅雨で気分がだるくて眠く感じると思っている人もいるのではないでしょうか?

しかし、実は梅雨の時期には眠くなる条件がいろいろとそろっているのです。

では、なぜ梅雨の時期に眠気が襲ってくるのか、そしてその対策方法を見ていきたいと思います。

    目次

  • 梅雨の眠気の原因とは?
  • 梅雨の眠気の対策方法4選!
  • まとめ
スポンサードリンク

梅雨の眠気や眠い原因

梅雨のどうにもならない眠気、この眠気にはどのような原因が考えられるのでしょうか。

梅雨の眠気は低気圧が原因

まず一つ目が梅雨というのは低気圧になりますよね。

この低気圧が血管を広げ、神経を刺激して偏頭痛になるという人も多いと思います。

しかし、この低気圧が眠気を促すことにもなるのです。

低気圧になると、実は酸素濃度が薄くなり、身体が酸素不足になりやすい状態なのです。

そして身体の酸素が不足すると、もちろん全身に贈る酸素も少なくなり、身体自体のエネルギー不足につながります。

そうなると、身体はなるべくエネルギーを

  • 節約する
  • 回復させる
ために眠気を促すというわけなのです。

梅雨は太陽の光を浴びにくいことが原因

次に、梅雨の時期は太陽の光を浴びにくいという事。

太陽の光というのは身体の体内時計を作っているものの一つ。

もしも光を浴びることが少ないと、体内時計がくるってしまい、脳が朝なのか夜なのかの判断が普段よりも難しくなり、眠気が来ることがあるのです。

雨の音が原因

そしてもう一つ、実は梅雨の特徴である雨の音も眠気を促すものになるのです。

雨の音というのは心地よい一定のリズムを刻んでいますよね。

その一定のリズムというのが、眠気を誘うのです。

スポンサードリンク

梅雨の眠気対策!

梅雨の時期になぜ眠くなるのかという理由はわかったと思います。

では、この眠気を改善する方法はあるのでしょうか?

深呼吸をする

まずは眠気があるときには思い切り深呼吸をしてみましょう。

眠気の原因の一つとして低血圧による酸素不足にあります。

そこで、思い切り深呼吸をすることで酸素を取り込み、酸素不足を解消する効果が期待できます。

実際にやってみると、脳がすっきりすると思いますよ。

冷たい水を活用する

次に、朝起きた時に眠気を感じる場合には、

  • 冷たい水で顔を洗う
  • 冷たい水を飲む
ということをしてみてはいかがでしょうか?

気分的にもシャキッとしますし、冷たい水を飲むことで体内の温度を下げ、眠気を抑えることが出来ます。

汗をかく

他にも、梅雨の場合には湿度が高く汗をかきにくい時期でもありますよね。

汗をかきにくくなると身体の中の毒素を外に追い出すことが出来ずに、体調を崩したり眠気が襲って来たりします。

そうならないためにはお風呂に入ってしっかりと汗をかいたり、運動をすることで汗をかくようにしましょう。

特にウォーキングは、結構の流れをよくするだけでなく、呼吸が早くなるのでしっかりと酸素を取り込むことが出来、眠気を防ぐことが出来ますよ。

食事で眠気を改善する

あとは、食事でも梅雨の眠気を改善することが出来ます。

例えば、利尿効果のある

  • トマト
  • キュウリ
などを食べることで身体の老廃物を流しやすくすることが出来ます。

また発汗作用のある

  • 生姜
  • ネギ
を食べることで身体を温めて汗をかきやすい体質になることが出来ます。

まとめ

梅雨の時期の眠気の原因にはいろいろなものがあることが分かったと思います。

しかし、もしも眠くなった時に自分が何が原因で眠気に襲われているのかというのは良く分かりませんよね。

梅雨の時期の眠気対策方法はいろいろありますが、原因によって対策方法が違ってきます。

もしも梅雨の時期に眠気に悩んでいるのなら、まずは眠気の対策方法をいろいろと試してみて、どの方法が自分にとって効果的な眠気対策方法化を知ってから続けるようにしましょう。

梅雨の時期に眠くなるのは仕方ないことだとあきらめずに、きちんと対策をして毎日をシャキッと過ごしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ