梅雨の肌荒れやかゆみの原因と対策方法!肌を守るにはコレ!

梅雨の時期に肌荒れやかゆみを感じやすい原因にはなにが考えられるでしょうか?

そして梅雨の肌荒れ、かゆみの対策方法にはどんなものがあるのか確認していきましょう!

梅雨の肌荒れとかゆみ

梅雨の時期というのは、雨が続くので湿度が高くなり、体調不良になることも多いですよね。

他にも雨が降ることで外出もしにくくなり、憂鬱な気分になる人も少なくありません。

そして、梅雨の時期に特に女性が困る症状があります。

それが肌荒れです。

梅雨の湿度と肌はあまり関係なさそうですが、実際に梅雨になるとお肌の調子が悪くなったりかゆみを感じる人が増えるのです!

では、なぜ梅雨の時期になると肌荒れやかゆみを感じる人が増えるのでしょうか?

    目次

  • 梅雨に肌荒れやかゆみを感じやすい原因とは?
  • 梅雨の肌荒れ、かゆみの対策方法とは?
  • まとめ
スポンサードリンク

梅雨に肌荒れやかゆみを感じやすい原因とは?

梅雨の時期になぜ肌荒れやかゆみを起こすのかというと、その原因は梅雨独特の

  • 湿度
  • 気圧
にあります。

湿度が肌荒れ・かゆみの原因に!

梅雨の時期というのは湿度が高くつねにジメジメとしていますよね。

湿度が高いと起こりやすいのが細菌やダニの繁殖。

湿度が高く、程よく気温が高いこの時期は食べ物などから生じる食中毒に特に注意しなければなりませんよね。

実は、この細菌やダニの繁殖の影響は、食べ物だけではなくお肌にも起こっているのです。

湿度が高く、寝具を干すことも難しいこの時期、布団やまくらなどにも細菌やダニが繁殖しやすくなっています。

そして、そんな寝具を使用することで直接細菌やダニの糞などがお肌に付着し、炎症を起こして肌荒れやかゆみを引き起こすのです。

気圧の変化や温度差が肌荒れ・かゆみの原因に!

肌荒れ・かゆみの原因の一つとして考えられるのが、気圧の変化や温度差による自律神経の乱れです。

6月は梅雨の季節でもあり、気温差が激しくなる時期でもあります。

そうなることで、汗をかきやすくなっているのです。

でも、湿度の多いこの時期はかいた汗がなかなか蒸発せずにお肌にとどまってしまい、結果炎症を起こしたり、あせもが出来たりしてしまうのです。

乾燥が肌荒れ・かゆみの原因に!

肌荒れ・かゆみの原因の一つがお肌の乾燥です。

梅雨というと、湿度が高いため湿度をさげる対策をしている人も多いと思います。

しかし、私たちが快適と感じる湿度とお肌の快適な湿度はお肌の快適な湿度の方が高いのです。

その為、私たちが快適と感じる湿度まで下げてしまうとお肌は乾燥状態になってしまうというわけなのです。

このように、梅雨に肌荒れやかゆみを起こす原因は、いろいろと考えられるのです。

スポンサードリンク

梅雨の肌荒れ、かゆみの対策方法とは?

梅雨の時期に肌荒れやかゆみからお肌を守るためにはどのような対策が必要でしょうか?

肌を清潔に保つ!

まず大切なのは、常にお肌を清潔に保つという事です。

肌荒れの原因の一つとして考えられるのは細菌やダニです。

その為、梅雨の時期でもこまめに

  • 寝具を取り替える
  • 洗濯をする
などして、常に身の回りを清潔に保つことが必要です。

どうしても梅雨の時期は洗濯物が乾きにくいので、洗濯を少なくしようとする気持ちは分かりますが、かえって肌トラブルの原因になってしまうのです。

保湿対策をする!

お肌の保湿も必要不可欠です。

お肌が乾燥すると、肌自体は潤いを補うためにどんどん皮脂を分泌させます。

そうさせないためには、湿度が高くてもしっかりと保湿対策をすることが大切なのです。

もちろん、普段から部屋などを乾燥させすぎない事も忘れないでください。

まとめ

梅雨の時期に気になる肌荒れですが、やはり梅雨独特の環境が原因となっています。

  • 気づかないうちに付着している細菌やダニの糞
  • 乾燥
  • 自律神経の乱れによる皮脂の過剰分泌
などが肌荒れやかゆみの原因なのです。

梅雨の時期にお肌を守るためには、

  • 常に清潔に保つ
  • しっかりと保湿をする
ということが大切です。

気分が憂鬱になり、お肌のお手入れも普段以上に面倒になってしまう人もいるかもしれませんが、そんな梅雨の時期こそしっかりとお手入れをしてお肌を守ってあげてください。

もしもお肌の状態が悪化し、対策をしても改善が見られないという場合には、皮膚科などを受診してみましょう。

症状によっては、ただの肌荒れではない場合もあるので要注意ですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ