水筒の洗い方!臭いの取り方やカビやパッキンどうしたらいい?

水筒の洗い方

夏になると大活躍してくれる水筒ですが、結構厄介なのがその洗い方。

使い始めると毎日洗うことになると思いますが、夏場に使用することが多いので、しばらく使い続けるとすぐに臭いがついたり、パッキンの部分にカビが生えたりしてしまいます。

そんな時にはどのような対策をしていますか?

ここでは水筒洗い方について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

水筒の洗い方で良い臭いの取り方はある?

水筒の中のにおいというのは一度ついてしまうときちんと洗ってもなかなか落ちないものです。

そんな時にはいろいろな解決方法があるんです。

一番簡単なのは、専用の洗剤を使ってしまう事。

水筒専用の漂白剤というものが売られていて、こちらであればステンレス・プラスチックの水筒の両方に使用することが出来ます。

そしてこれ1つで臭いだけではなく汚れまでしっかりと落としてくれるのでうれしいですね。

もちろん、お金をかけずに頻繁ににおいをとりたいという人にもいくつか方法を紹介しますね。

  • 一番簡単なのは、洗い終わってしっかりと乾かした水筒に熱湯を注ぐこと。
  • カンタンですが、これだけでも匂いを摂ることが出来ます。
  • あとは殺菌効果や消臭効果がある緑茶を利用する方法。
  • 出し柄をネットやお茶パックに入れて水筒に入れておくだけでかなりの消臭になります。
  • 米のとぎ汁を注いて数時間置いておくだけでも消臭効果が期待できます。

このように、気になる水筒のにおいですが、意外といろいろ対策方法があるんです。

他にも調べるとたくさんの水筒の消臭方法があると思うので、自分が一番やりやすい方法を見つけてみてくださいね。

水筒のカビをとる洗い方とは?

水筒というものは、特に夏の暑い時期になると学校や幼稚園・保育園に毎日持っていくというお子さんも多いと思います。

しかし水筒は毎日洗うのが結構面倒。

適当に洗っていたら気づくとカビが!という事も少なくありません。

では、カビが生えてしまっていたらどのように対処すればよいのでしょうか。

スポンサードリンク

毎日しっかり洗いたくても水筒は細長いので奥までスポンジが届きませんよね。

そんな時は水筒専用の長い柄のついたスポンジを購入しましょう。

最近では100円ショップにもいろいろな種類の水筒用スポンジが売っています。

これが結構優れもので、持ち手の部分が回転するものがあって、この場合は水筒の中にスポンジを入れてあとは柄の部分を持ってぐるぐる回すだけでしっかりと汚れを取ることが出来ます。

水筒にカビをはびこらせないために大切なのは毎日面倒くさがらずにしっかりと洗ってあげることです。

水筒のパッキンの洗い方

水筒を洗うに当たって一番厄介なのがパッキン。

毎日しっかり洗っているのに気が付いたらカビが生えていたという人も少なくないのではないでしょうか?

しかも一度カビが生えてしまうとなかなか落ちない厄介者です。

そうならないためにも普段から面倒くさがらずにしっかりと洗ってあげることが必要です。

水筒の蓋というのは複雑そうに見えますが、きちんと分解すればパッキンなどの部品もきちんと外すことが出来ます。

  • そのパッキンの部分は薄めた漂白剤などに少しつけておくだけでも綺麗になります。
  • そして細かい部分は爪楊枝や歯ブラシなどでこすると綺麗になります。

ただ、パッキン自体にカビが染み付いてしまった場合はもうどうにもなりません。

その場合にはパッキンを買い替えることをお勧めします。

ただ、パッキンにカビが生えてしまっただけで水筒を買い替えるというのは勿体ないですよね。

その為、水筒を買う時にはあらかじめパッキンなどのパーツだけを後で購入出来るものを選ぶんでおくとよいでしょう。

パッキンだけであれば数百円程度で取り寄せ可能なので、いつでも綺麗な水筒を使用することが出来ますよ。

まとめ

夏になると毎日のように使う水筒。

特にお子さんが使う水筒なら出来るだけ綺麗に保ちたいですよね。

でも、水筒には細かい部品などが多く、なかなか洗うのが大変なものです。

それでもお子さんの健康のためにも面倒くさがらずにしっかりとお手入れをしてあげてくださいね。

そんな時はどうすればよいのでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ