子供の水筒はサーモスとステンレスとプラスチックどれがいい?

子供の水筒

夏になると熱中症予防としても水分補給は重要になってきますよね。

特に真夏でも暑さを気にせず走り回っているような子供には、必要不可欠です。

外出時の水分補給に欠かせないのが水筒ですが、今は子供向けの水筒にもいろいろな種類のものが売られています。

特に小さな子供の物であれば、どうしても子どもが好きなキャラクターものに目を奪われがちですが、やはり親としてはその機能も気になるところです。

そんな子供水筒にはサーモスやステンレスやプラスチックなどありますが、それぞれ子供に持たせる水筒にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

ぜひお子さんの水筒選びに参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

子供に持たせる水筒、サーモスタイプのメリット・デメリットとは?

水筒といえばサーモス!とすぐに名前が出てくるくらいサーモスは魔法瓶のパイオニアとして有名ですよね。

もちろん水筒もいろいろな種類が出ていて、機能もしっかりしています。

そんなサーモスの水筒のメリットといえば、やはり水筒自体の作りがしっかりしているという事。

小さな子が使うのに、本体がしっかりしているという事は結構重要ですよね。

乱暴に扱う子になると、側面がへこんでしまったり、リュックの中で中身が漏れてしまったり。

そんな心配もサーモの水筒であれば少ないと思います。

もちろん断熱機能もしっかりしているので、真夏でも1日中ひんやりした飲み物を飲むことが出来ます。

特に小さなお子さんにはストロータイプの種類も豊富でしかも軽量タイプが多いというのもいいですね。

デザインもおしゃれなものば多いので選ぶ時にも事欠かないと思います。

ただ、機能がしっかりしている分お値段もそれなりを覚悟しなければなりません。

でも、長く使い続けることを考えれば、下手に安いものを選ぶよりもしっかりとしていてちょっと高いものを選んだ方が絶対にいいと思いますよ。

子供に持たせる水筒、ステンレスタイプのメリット・デメリットとは?

今、普段使いとして売られている水筒のほとんどがステンレスタイプのものですよね。

子供用だけでなく大人用も今ではほとんどがステンレスです。

スポンサードリンク

ステンレスの水筒というと、どうしてもイメージ的には「重い」というのがありますが、今売られているものは随分と軽量化されていますよ。

そしてステンレスの水筒の最大の魅力といえばやはり保温性。

種類によっては冷たいもの専用と冷温どちらもオッケーな物とありますが、どちらでも飲み物を長い時間同じ温度に保っておけるのが一番の魅力です。

特に暑い夏であれば、いつでも冷たい飲み物が飲めるというのは嬉しいですよね。

更にステンレスは傷みずらいので、お子さんがちょっと乱暴に扱ってしまっても壊れるという心配は少ないです。

逆にステンレスの水筒は軽量化されてきたとはいえプラスチックやシリコン製のものと比べると重くなってしまいます。

こちらも作りがしっかりしている分お値段がお高めなのもちょっと考えどころです。

子供に持たせる水筒、プラスチックタイプのメリット・デメリットとは?

昔の水筒のほとんどはプラスチックが主流でしたよね。

今も少なくはなっていますがプラスチック製の水筒も売られていますよ。

プラスチック製の水筒の最大のメリットはやはり軽いという事。

特に小さなお子さんにはなるべく荷物は軽くしてあげたいもの。

そんな時にプラスチックはおすすめです。

更に、昔のプラスチック製水筒のイメージがキャラクターもの。

プラスチック製の水筒には常に子供が喜びそうなキャラクターものが多く売られているので、子供としては選びやすいと思います。

そして、プラスチックという事で値段がお安めというのもうれしいところですね。

ただ、その材質から中身の飲物の保温・保冷性はほとんどありません。

今はプラスチック水筒用の保冷・保温カバーもありますが、やはりステンレス製のものと比べてしまうとあまり長持ちはしません。

そして、温度変化に弱いというのもプラスチックの特徴。

急激な温度変化で飲み物がこぼれてしまう心配がありますし、しっかりとふたを閉めていても漏れてしまう可能性があるので要注意です。

まとめ

水筒にはいろいろな種類があります。

それぞれメリット・デメリットがありますが、やはり長い目で見るのであれば、ステンレス製・さらに作りも比較的しっかりしているサーモスの水筒はお子さんにはお勧めです。

ただ、その場面によって使い勝手が違ってくるので、その時に合った水筒を選んであげるのも一つの方法だと思いますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ