アルミホイルは表と裏がある?ツヤある方と艶ない方違いは?

アルミホイルには表と裏があるのでしょうか。

ツヤある方と艶ない方どっちが表面でどっちが裏面なのでしょうか。

アルミホイルの表裏にはなぜ違いが出るのか?

アルミホイルの正しい使い方、そして電子レンジに使っても大丈夫なのかなど確認していきましょう!

アルミホイルの表と裏

家庭に必ずといっていいほど置いてあるアルミホイル。

調理の他にも様々な活用法があって便利ですよね。

しかし、普段からお世話になっているにもかかわらず、意外とアルミホイルのことを知らないかもしれません。

例えば、アルミホイルはどちらが表でどちらが裏なのかどうかとか。

今回は、普段何気なく使っているアルミホイルの素朴な疑問や便利な活用方法まで合わせてご紹介します。

スポンサードリンク

アルミホイルに表と裏がある?ツヤある方と艶ない方どっちが表面?

アルミホイルに表と裏があるのでしょうか?

ツヤある方と艶ない方どっちが表面になるのでしょうか?

まず、アルミホイルの裏表について見ていきましょう。

アルミホイルには表と裏がない!どちらも効果は同じ

アルミホイルは、

  • 片面は艶があって鏡のよう
  • もう片面は艶消し
になっていますよね。

これって、どちらが表でどちらが裏か意識したことってありますか?

やはり艶がある方が表なのではないか?と思ってしまいがちですが、実はアルミホイルに表裏はないんです。

ではなぜアルミホイルは両面の見た目が違うのかというと、これは作る工程で薄く延ばすとき、片面に目に見えない凹凸ができてしまうのだとか。

この凹凸が光をバラバラに反射するため艶がないように見えるんです。

つまり、アルミホイルは艶がある方、ない方どちらを表に使っても効果は同じということです。

アルミホイルの表裏はなぜ違いが出るの?

アルミホイルの表裏になぜ違いが出るのでしょうか?

アルミホイルには表裏のないのに、なぜ見た目に違いがあるのかをご紹介します。

先程もお話しした通り、アルミホイルには表裏はありません。

それなのに、なぜあんなにも見た目が違うのかというと、それはアルミホイルを作るとき、薄く延ばす工程でどうしても片面に目に見えない凹凸ができてしまうんです。

アルミホイルを薄く引き伸ばすとき、2本のロールで引き伸ばされて作られます。

しかし、あれだけ薄いアルミホイル、どうしても薄く延ばすのに限界があるので、2枚重ねて引き伸ばしてからはがしています。

その時に、ロールに面した方はつるつるになりますが、はがされた方は目に見えない凸凹になり、それが艶消しになっているのです。

スポンサードリンク

アルミホイルの良い点とは?どのような調理に使うといいの?

アルミホイルの良い点にはどのようなことがあるのでしょうか?

では、アルミホイルはどう使うと一番効率的に使えるかどうかを見ていきましょう。

アルミホイルの最大の特徴といえば、やはり材質がアルミニウムでできていること。

そのためアルミホイルは熱伝導がとてもいいんです。

つまり、アルミホイルは

  • 調理などでもすぐに過熱をしたい時
  • ふたとして使い全体的にまんべんなく、早く熱が回るようにしたい時
に使うと便利です。

逆に、アルミホイルは冷たさもすぐに伝わりやすいので、

  • ものを冷やしたい時
にもアルミホイルに包んでから冷やすと通常よりも早く冷やすことができますよ。

アルミホイルの正しい使い方とは?

アルミホイルの正しい使い方についてご紹介します。

アルミホイルって、使うときにどちらを艶のある面にするか意識したことってありますか?

アルミホイルの使用方法

アルミホイルを調理で使うときの主な方法は、

  • 包む
  • ふたとして使う
  • 下に敷いて使う
この3つですよね。

では、これらの方法で使う場合、どちらを表にしたらいいのでしょうか?

アルミホイルを使うときは艶のある方を料理に面して使用するのがおすすめ!

アルミホイルは艶のある方とない方では効果にはほとんど違いはありません。

ただ、オーブンやトースターを使うときには、光沢がある方を内側にすると赤外線の反射率が高くなるのでより早く熱が通ります。

しかし、これは本当にわずかな差なので、気にしなくて特に問題はありません。

他にも、艶のない方を料理に接触させてしまうと、料理がアルミホイルにくっつきやすくなるということもあります。

気になる人は、アルミホイルを使うとき艶のある方を料理に面して使用するといいですよ。

アルミホイルは電子レンジに使用しても大丈夫?

アルミホイルを電子レンジに使っても大丈夫なのでしょうか?

「アルミホイルを電子レンジにかけると爆発する」なんて言う話を聞いたことってありませんか?

実際にアルミホイルを電子レンジにかけてしまい「バチバチッ」と火花を起こして慌てて止めたなんて経験をした人もいるかと思います。

この原因は、電子レンジがマイクロ波という電磁波を放射して過熱していることにあります。

電磁波というのは、金属に当たることで電流を発生させてしまいます。

その為、電子レンジにアルミホイルをはじめ、金属を加熱すると

  • 火花
  • 爆発
の原因になってしまうのです。

ただ、同じ電子レンジでもオーブン機能であれば、ヒーターでの過熱になるので問題はありませんよ。

まとめ

アルミホイルの裏表の謎や使い方についてご紹介をしました。

特に、アルミホイルには艶のある面、艶消し面で違いはなく、裏表がないという事にはちょっと驚きでしたね。

アルミホイルは調理の他にも様々な使い方があります。

ぜひ調理だけで終わらせずに、便利に使いこなしてみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ