洗濯機に洗濯ネットを使う効果と正しい使い方とは?

洗濯機に洗濯ネットを使う理由にはどんなメリットがあるからなのでしょうか?

また洗濯ネットは、どういうときに使用すると効果的なのか使い方も併せて確認していきましょう。

洗濯ネットの効果と使い方

普段洗濯をする時に「洗濯ネット」って使っていますか?

洗濯ネットを使う理由といえば、「ブラジャーなどホックのついたもの」「飾りがついたもの」「ストッキングなどから見やすいもの」「優しく洗いたいもの」などに使用していますよね。

しかし実際に洗濯ネットを使ってはいるけど、正しく使えていなかったりすることってあるんですよ!

今回は、洗濯ネットの正しい使い方、そして驚くべき効果についてご紹介します。

スポンサードリンク

洗濯ネットの正しい使い方とは?

洗濯ネットをせっかく使っているのに、正しく使えていないことで本来の効果が得られていないということをご存知ですか?

洗濯ネットは、ただ洗濯物を入れるだけではいけないんです。

では、どんなことに気を付けなければいけないのかポイントを見ていきましょう。

洗濯ネット1枚に洗濯物は基本的には1つのみ入れる!

洗濯ネットに入れたいものをなんでもかんでも1つのネットに入れていませんか?

実はこれでは洗濯ネットの意味がないんです。

洗濯ネットの効果の一つが他の洗濯物と絡まないようにすること。

洗濯ネットの中にたくさんの洗濯物を入れてしまうと、洗濯ネットの中の洗濯物同士が絡んでしまい効果が得られません。

洗濯物のサイズに合わせて洗濯ネットを使い分けよう!

洗濯ネットに入れて洗濯をしたのに、中の洗濯物がしわになってしまう事ってありませんか?

これは洗濯物に対して洗濯ネットのサイズがあっていない証拠です。

洗濯ネットを使用するときにはシワシワになるのを防ぐために洗濯物のサイズに合わせて使い分けるようにしましょう!

汚れが気になる部分はあらかじめ汚れを落としたり洗剤を直塗りしておく!

洗濯ネットに入れた洗濯物は、どうしても優しく洗われるため洗浄力が落ちてしまいます。

その為、どうしても気になる汚れはあらかじめ対策をしておかなければ、汚れが残ってしまう事もあります。

スポンサードリンク

洗濯ネットの効果とは?どんな時に使うとメリットあるの?

では次に、洗濯ネットを使うことで得られる効果についてご紹介します。

洗濯物の型崩れを防ぐ効果

洗濯物を選択した後のアイロンがけ、面倒ですよね。

特にワイシャツはピシッとしていなければ見た目もだらしない印象になってしまうので大変です。

しかし、洗濯ネットにきちんと折りたたんで入れて洗濯をすることで、随分としわを防ぐことができますよ。

セーターなどデリケートなものを毛玉や伸びから防ぐ効果

セーターは洗濯をすると伸びてしまったり毛玉だらけになってがっかりしてしまったなんて経験はありませんか?

洗濯物を洗濯ネットに入れるだけで、

  • 毛玉から守ることができる
  • 他の洗濯物とぶつからないことで傷んだり伸びたりするのを防ぐ
という効果があるんです。

ほかの洗濯物の汚れや色がついてしまうのを防ぐ効果

色落ちしやすい洗濯物を一緒に洗ってしまい、大切な洋服に色が移ってしまった経験はありませんか?

大切な洋服はあらかじめ洗濯ネットに入れておけば、ほかの洋服から色や汚れが付くのを防いでくれます。

洗濯物が絡んでしまうのを防ぐ効果

洗濯物の中にはブラジャーのようにホックがついていたり、ファスナーがついているものがあります。

これらの洗濯物を他の洗濯物と一緒に普通に洗ってしまうと、

  • 他の洗濯物と引っかかってしまう
  • 最悪の場合衣類が破けてしまう
  • ホックが壊れてしまう
などという場合があります。

このような洗濯物はあらかじめ洗濯ネットに入れて洗濯をすることで他の洗濯物と絡むのを防ぎます。

●関連
⇒最新の「洗濯ネット」人気位ランキングはこちらです

⇒「かわいい洗濯ネット」の一覧はこちらです

まとめ

洗濯をする時に洗濯物をネットに入れると様々なメリットがあることが分かったかと思います。

そう考えると、すべての洗濯物をネットに入れてしまえばいいのではないかと思ったりしませんか?

しかし、すべての洗濯物をネットに入れてしまうと、
  • 汚れが落ちにくくなってしまう
  • かえってシワシワになりやすくなってしまう
というようなことが起こってしまうのです。

洗濯ネットを使用するのは、あくまで洗濯ネットが必要な洗濯物に限ることが大切です。

最近では100円ショップでも様々なサイズの洗濯ネットがあるので、あらかじめいろいろなサイズをそろえておくと使うのに便利ですよ。

ぜひ洗濯ネットを賢く使って、普段の洗濯をより良いものにしていきましょうね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ