首汗の対策!臭いの原因やあせも(汗疹)を防ぐ方法とは?

首汗の対策にはどのような方法があるでしょうか?

また首の汗の臭いの原因は何か、そして首汗による汗疹(あせも)を防ぐ方法にはどんな対策方法があるのか確認していきましょう。

首汗の対策

汗というものは全身にかくものですが、特に汗が集中する場所というところもありますよね。

その一つが首です。

首からつたう汗というのは、

  • 見た目もあまりよくなく不潔にみられる
  • 自分自身も不快感がして気になる
ということもしばしば。

では、そんな首汗の対策方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

    目次

  • 首汗の対策方法とは?
  • 首汗の臭いの原因とは?
  • 首の汗疹(あせも)を防ぐ方法とは?
  • まとめ
スポンサードリンク

首汗の対策方法とは?

首汗というのは、一度で出るとなかなか止めることが出来ませんし、首から汗が滴るのはあまり見た目もよくありません。

それに、首からかく汗は、首を伝って衣類の襟回りにしみ込み汗染みになってしまうので、気持ちが悪いものですよね。

では、首汗の対策方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

運動不足やストレスを解消して対策!

そもそも首汗をかきやすい人の原因には、運動不足や自律神経の乱れが関係していることが少なくありません。

汗というのは体調に密接に関係しているのです。

特に、自律神経の乱れは汗をかく機能を低下させ、必要以上に汗をかかせてしまう原因と考えられています。

その為、首汗を大量にかいてしまう人は、特に普段から運動を心がけ、ストレスをためず規則正しい生活を送るようにすることで改善する効果が期待できるのです。

制汗ジェルやクリームで対策!

首汗の対策として運動不足やストレスからくる自律神経の乱れを改善する対策をおこなってもすぐに効果が発揮されるものでもありません。

そのため、首の汗を抑えるのに効果的なのが、顔汗・首汗の制汗ジェルの「サラフェ」です。

首汗サラフェ

汗を抑える効果だけでなく肌に優しい成分なので安心して使えます。

しかも返金保障までついているので気軽に試せるのがおすすめの理由です!

→顔汗・首汗の制汗ジェル「サラフェ」の公式サイトへ

首汗の臭いの原因とは?

汗というのは本来であれば無臭ですが、様々な理由で臭いがしてしまい、それを気にしているという人も少なくないと思います。

汗の臭いの原因は何が考えられるでしょうか?

汗による雑菌の発生が臭いの原因に!

体内から排出される臭いや汗をそのままにしておくと。、お肌に菌が大発生し、それが原因で臭ってしまうという事が考えられます。

しかし、首汗の場合には別の原因も考えられるので注意が必要です。

加齢臭が臭いの原因に!

首の臭いに考えられる原因が加齢臭です。

特に30代~40代の男性の場合、少しずつ加齢臭が気になってくるころだと思います。

そして、首の後ろというのは特に加齢臭が臭う場所でもあるのです。

加齢臭がが首汗と混じり、強烈なにおいを発していることも考えられます。

⇒「体臭や加齢臭の改善方法&予防方法」はこちらの記事が参考になります。

臭いが強いので、自分自身で気づくこともありますので、しっかりと対策をすることが大切です。

スポンサードリンク

首の汗疹(あせも)を防ぐ方法とは?

特に子供の場合、夏の暑い時期に汗をたっぷりかいて、かゆくなりかきむしってしまうなんて言うこともありますよね。

それが汗疹(あせも)の原因となってしまうのです。

では、首のあせもを防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか?

首汗をかいたら拭き取って清潔を保つ!

まず大切なのは、首汗をかいたらこまめにふき取り、清潔に保つことです。

あせもは汗をかくとさらにかゆくなる悪循環の性質を持っています。

その為、汗はすぐにふき取ることが大切なのです。

首汗をかいたら服を着替える!

首汗をかいたら、こまめな着換えも大切です。

首汗をかくと、襟元に汗がしみ込んでしまいますよね。

この襟にしみ込んだ汗がお肌に触れてさらにあせもがかゆくなる原因となります。

そしてどうしても症状が改善しない場合には、皮膚科を受診し、薬を処方してもらう事が大切です。

一度かかるとなかなか治りにくいものです。

かゆくなってもなるべく我慢し、少しでも早く治しましょう。

まとめ

首汗というと、見た目も悪くべたべたして気持ちの悪いものですよね。

さらに、そのままにしておくことで、

  • 汗疹(あせも)などの原因
  • 強い臭いが発生する原因
になることもあります。

そうならないためには、まず首汗をかいたらすぐにふき取るなどして清潔に保つことが大切です。

そして、なかなか首汗が収まらない、大量に首汗をかく場合には、病気を気にしたり、生活習慣を見直してみてください。

首汗と一言に言っても、あまりかかない人と大量にかく人がいます。

もしも首汗が気になる場合には、一時的に止める方法や、制汗グッズなどを使用して汗や汗の臭いを抑える方法もあるので、自分に合った方法で首汗対策をしていくようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ