汗をかかない方法!頭や頭皮や顔の汗の対策とは?

汗をかかない方法には、どんな対策があるのでしょうか?

汗をかかないための頭(頭皮)、顔の汗の場合の対策についてそれぞれ確認をしていきましょう。

汗をかかない方法

汗をかくと目立ってしまうのが頭や顔。

頭から汗が顔にだらだらと流れる姿、見た目もあまりよくありませんよね。

さらに、女性なら、顔にかかる汗は化粧崩れの元となってしまいます。

では、頭や顔に汗をかかない方法というのはないのでしょうか?

    目次

  • 頭(頭皮)に汗をかかない方法!
  • 顔に汗をかかない方法!
  • まとめ
スポンサードリンク

汗をかかない方法!頭(頭皮)の場合の対策は?

まずは、頭(頭皮)に汗をかかない方法で、直接頭の皮の部分に働きかける方法をいくつか紹介していきたいと思います。

頭からの汗というと、髪の毛があるので、髪の毛もぐっしょりになってしまいますし、対策をしようとしても髪が邪魔になってしまうのではと思う人もいると思います。

しかし、やはり汗を抑えるためには頭皮の部分から働きかけることも有効なのです。

ではどのような方法があるのでしょうか?

頭に制汗剤を塗る方法

例えば、頭でも制汗剤を塗ることが出来ます。

→「頭の制汗剤」の商品一覧はこちら

制汗剤というと、どちらかというと汗の臭いを抑える効果が期待できるものというイメージがありますが、汗そのものを抑える効果もあるのです。

制汗剤に含まれているのは、塩化アルミニウムです。

塩化アルミニウムを皮膚に塗ると汗が止まるという事はわかっていますが、お肌には刺激が強いので制汗剤に使われているものの場合には水やアルコールで薄めています。

ただ、これでも皮膚や頭皮が敏感な人や弱い人は、頭皮が荒れてしまったり炎症を起こしてしまうこともあります。

その場合には、

  • ミョウバン
  • 重曹
を水などで薄めて頭皮に塗ることで汗を抑える効果が期待できます。

スポンサードリンク

汗をかかない方法!顔の汗の場合の対策は?

頭からだらだらと流れる汗もいやですが、顔から直接噴き出す汗というのも、特に女性の場合、メイク崩れが気になりますよね。

では、そんな顔に汗をかかない方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

顔汗でやはり一番気になるのが、化粧崩れですよね。

汗の性で化粧が崩れ、何度も化粧直しをするのも面倒ですし、仕事中などはそんな時間もないという人も。

顔専用の制汗ジェルで対策する方法

そんな人のために、実は顔専用の制汗ジェルというものが販売されています。

使い方はメイク前に顔に塗るだけ。

それだけで暑い時期でも顔汗を抑えることが出来るのでとても便利です。

●関連記事
顔汗対策の制汗ジェルは「顔や頭や背中の汗を抑えるおすすめの方法」の記事で紹介しています。

→「顔や頭や背中の汗を抑えるおすすめの方法」の記事へ

心理的な部分に対策する方法

他にも、顔の汗を抑える方法はいろいろあります。

実は顔汗の原因の場合、心理的なものが考えることが少なくないのです。

その為、心身療法などを用いてリラックスするように心がけたり、特に緊張の場で顔汗を多く書くという人は、内服薬で改善する方法もあります。

半側発汗で対策する方法

暑い時期でも接客など人と接する仕事の場面で顔汗をかけないという人には、半側発汗を利用することをお勧めします。

これは、舞妓さんなどが夏の時期でも着物を着て仕事をしなければならない場合に用いている方法で、胸の約5センチほど上の部分をひもなどで圧迫することで、首から上の汗を抑え、下半身や背中に汗をかかせるという方法なのです

全身の汗を抑えることはできませんが、首から上だけは汗をかきたくないという人にはおすすめの方法です。

まとめ

頭や顔から流れる汗というのは、特に人目に付きやすく目立つので、出来れば抑えたいですよね。

そんな時には、頭皮であれば制汗剤や制汗効果があるものをうまく活用する方法がありますし、顔の場合には専用の制汗剤や他にもさまざまな汗を抑える方法があります。

特に顔というのは、汗をかくと女性の場合には化粧崩れの元ですし、接客業の人にとっては相手に悪印象を与えることにもなりかねません。

そんな時には、ぜひこちらで紹介した顔汗や頭から流れる汗を抑える方法を試してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ