海外旅行の持ち物リスト!便利なものや禁止の持ち物はコレ!

海外旅行の持ち物

海外旅行に関わらず、旅行に出かけるときに慎重になるのは持ち物選びではないでしょうか?

もちろん国内旅行であれば、もし忘れてしまっても現地で購入することが出来ます。

しかし、慣れない海外での旅行ともなると、もし忘れ物があった場合、それを現地で購入することが難しいことがほとんどだと思います。

では、海外旅行持ち物を用意するときに持っていくと便利なものや、よいものにはどのようなものがあるのでしょうか。

そして、逆に海外旅行に持って行っていくのが禁止という持ち物はあるのでしょうか?

日本国内と違い海外旅行では不安があるという人はリストをつくって準備しておくと安心ですよ。

スポンサードリンク

海外旅行に行く際に忘れてはならないものとは?

海外旅行の持ち物

海外旅行に忘れてはいけないもの第一位、それは何と言ってもパスポートですよね。

パスポートが無ければ海外に行くことは出来ません。

持っていくときには必ず事前に有効期限を確認することが必要です。

いざとなったら期限が切れていたという事になったら大変です。

持っていくときには事前にコピーを取っておくといざという事が便利です。

そして、パスポートと合わせて重要なのがお金ですよね。

日本円に加えて現地の通貨ももちろん必要です。

国によってはクレジットカード社会の場所もあるので、クレジットカードも必要不可欠。

特にVISA、masterCardが便利です。

そして飛行機の航空券、海外旅行の保険に入っておくことも必要です。

他には、携帯電話(海外対応の物)、携帯電話の充電器、も持っていきましょう。

あとは飛行機に乗っている時に使用するアイマスク、耳栓、空気枕などです。

その他は国内旅行と同じく衣類、洗面用具、レイングッズ、バンドエイド、ガイドブックといったものになります。

海外旅行に持っていくと便利な持ち物は?

海外旅行で便利な持ち物
海外旅行に持っていくと便利なのは、病気の対策グッズです。

スポンサードリンク

海外というと、やはり体に合わない食べ物もあるでしょうし、緊張などから体調を崩してしまう確立が高くなります。

風邪、頭痛、胃用は必ず持参しましょう。

ただ、腹痛だけは持参せず、もしお腹の具合が悪くなった時には現地で求める方が良いようです。

お腹の症状は現地によって違うので、その国で購入した方が一番効果的なのです。

他にも持っていくとよいのが歯ブラシ。

歯ブラシは実は海外のホテルでは良いところでも置いていないのが普通なんです。

その為歯ブラシも持参した方が良いでしょう。

他にもちょっとしたものですが、筆記具やメモ帳もあると重宝します。

それと、渡航する国の言葉に自信がない人は、電子辞書を持っていくと便利です。

特に言葉を直接ネイティブに話してくれる音声機能付きのものがあればさらに便利ですよ。

海外旅行に持って行っていけない禁止ものってあるの?

今はテロなどを警戒して機内に持ち込みが出来るものが細かく制限されています。

特にうるさくなっているのが液体や可燃物。

例えば酸化性物質、可燃性物質、火(花火やクラッカー)、毒物(殺虫剤)、高圧ガス、引火性物質なども禁止されています。

刃物、カッターやハサミ、工具などは飛行機に乗る際に預け入れ荷物で持っていくのであればオッケーですが、持ち込みをすることは出来ません。

そして、気になるのが液体物。

海外旅行で禁止の持ち物
液体も危険なものを含む可能性があるので今は驚くほど制限されています。

ペットボトルなどの飲物はもちろん、化粧品などの液体も制限されています。

液体は全て100ミリ以下の容器に入れ、40センチ×40センチの透明プラスチックの袋にすべて収まる分しか持っていくことが出来ないので注意が必要です。

更に、ヘアワックス・ジェル・ローション・歯磨き粉・インク・ライターなども液体とみなされるので注意しましょう。

まとめ

初めて海外旅行に行く場合、いろいろと持ち物にも慎重になると思います。

もちろん必要不可欠のものや便利なものもありますが、逆に意外なものが持っていけないものになっている場合があります。

ネットやガイドブックなどにも詳しく説明されているので、旅行に行く前に必ず1度はチェックしていくことをお勧めします。

せっかく持って行っても機内に持ち込めないとなるとショックですからね。

事前に念入りに確認して海外旅行を楽しみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ