汗を抑える方法や止める方法!自分でできる無料の対策もある!

汗を抑える方法や止める方法にはどんなものがあるのでしょうか?

汗を抑えるには制汗剤を使うほかに、自分で止めることができる無料の対策もあるので確認していきましょう!

汗を抑える方法や止める方法

汗というのは暑いときだけにかくものではありませんよね。

  • 運動したとき
  • 緊張したとき
などで汗をかくという人も少なくありません。

そんな汗ですが、一度かくとお肌がべとべとしますし、身体にかくと洋服の汗染みの原因になったりといろいろと厄介です。

特に女性の場合には、化粧崩れが気になる人も多いのではないでしょうか?

ここでは、そんな気になる汗を抑える方法、そして汗を止める方法を合わせてみていきたいと思います。

    目次

  • 汗を抑える方法とは?
  • 汗を止める方法とは?
  • まとめ
スポンサードリンク

汗を抑える方法とは?

汗をかいてしまうとべたつきも気になりますし、顔の場合女性は化粧崩れが気になるなどいろいろな悩みがありますよね。

では、そんな汗を抑える方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

制汗剤で汗を抑える方法

まず汗を抑えるというと制汗剤を思いつきますよね。

制汗剤には、

  • 汗を抑える効果
  • 臭いを抑える効果
が期待できます。

簡単に携帯できるタイプのものも多く気軽に使えるので便利ですね。

体を冷やす方法

他にも汗をかいている原因によって様々な汗を抑える方法があります。

例えば、暑くて汗をかいている場合には、体温自体をさげることで汗を抑えることが出来ます。

なぜなら、暑いときに汗をかくのは、身体の体温調節のためで、身体の熱をさげる効果があるからです。

その為、身体自体を冷やすことで汗を抑えることが出来るのです。

体の冷やし方のポイント

涼しいところに行けば自然と汗は引きますが、それが出来ない場合には、

  • 首の後ろ
  • わきの下
など、リンパ節のある場所を集中的に冷やすことで、汗を抑えることが出来ます。

冷やす方法としては、冷たいペットボトルや濡らしたタオルなどを使用しましょう。

緊張した時に汗をかいてしまう場合には、まずはその緊張自体をほぐすことが一番の汗を抑える方法です。

リラックスをするためには、大きく深呼吸を繰り返すなどすると効果的ですよ。

スポンサードリンク

汗を止める方法とは?

では次に汗を止める方法を見ていきたいと思います。

汗をかいてしまうと少しでも早く止まってほしいと思いますよね。

まず紹介したいのが、ツボを押して汗を止める方法です。

汗を抑えるツボを押す方法

実は汗を抑えることが出来るツボというものがあるのです。

場所は手の小指の指の付け根のちょっとしたにある出っ張ったところにある後谿(こけい)というツボ。

そして、手の甲の、親指と人差し指の骨が交わる所から少し人差し指に近いところにある合谷(ごうこく)というツボです。

このツボを何度かゆっくりと刺激することによって汗を止めることが出来ます。

半側発汗で汗を止める

他にも、半側発汗という汗を止める方法があります。

これは、ひもなどで胸高の部分を締めることで汗を止めることが出来ます。

この方法は、身体の一部を押すことによって、その周辺の汗を止めてその部分以外のところから汗を出すという方法です。

つまり、全身の汗を止めることはできなくても、営業や接客など人に汗をかいている姿を見せたくない人は、上半身の汗を抑え、背中や下半身に汗をかかせることが出来るのです。

これは、暑い時期でも着物でお仕事をしなくてはいけない舞妓さんなどに使用されている方法なんだとか。

このように、制汗グッズに頼らなくても、様々な汗を止める方法というものはあるのです。

まとめ

汗というのは一度かくととても厄介ですよね。

さらに、人によっては仕事上汗をかいている姿を見せられないという人も多いと思います。

しかし、汗を抑える・汗を止める方法は実はいろいろあるものです。

制汗グッズを使用する方法から、昔から使用されているツボなどを押す方法など。

もしも汗を抑えたいという場合には、その時の自分の状況に合った方法を試してみてくださいね。

ただ、汗をかくというのは身体の体温調整のために行われているものです。

時には適度に汗をかくという事も大切なことですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ