汗疹(あせも)の原因と症状とは?オロナインも効果あるの?

汗疹の原因には何が考えられるのでしょうか?

そして汗疹(あせも)の症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

またオロナインを塗るのも汗疹に効果があるというのは本当なのか確認をしていきましょう!

汗疹(あせも)の原因と症状

暑い時期になり、汗をかく機会が多くなると、毎年のように汗疹が出来てしまい悩んでいるという人も多いと思います。

しかし、汗疹は暑い時期にかかわらず、汗をかくことが多い激しい運動をしていたり、風邪をひいて汗をかいたりすることで発症するものです。

では、ここでは汗疹の原因とその症状について見ていきたいと思います。

    目次

  • 汗疹(あせも)の原因とは?
  • 汗疹の症状とは?
  • 汗疹はオロナインを塗ると効果がある?
  • まとめ
スポンサードリンク

汗疹(あせも)の原因とは?

汗疹の原因には何が考えられるのでしょうか。

汗疹の原因として考えられるのは、やはり大量に汗をかくことです。

汗が皮膚の中にたまってしまうのが原因に!

大量の汗をかくことで、汗が皮膚の中にたまってしまいます。

その皮膚にたまった汗が、皮膚の下の汗管の周りに漏れて、炎症を起こしてかゆみが生じてしまうのです。

汗疹になりやすいところは、主に汗をかきやすいところです。

例えば、

  • ひじ
  • ひざ
  • 背中
の汗が乾きにくいところです。

他にも、けがをして常に包帯などをまいているようなところでも、なかなか汗が蒸発せずに汗疹になることもあります。

子供に汗疹ができやすい原因は?

そして汗疹になりやすいといえばやはり子供ですよね。

なぜかというと、子供というのは表面の面積は大人よりも少ないのに、汗腺は大人と同じだけあるからです。

そのため汗腺が密集し、

  • 汗をかきやすい
  • 汗疹になりやすい
という事になるのです。

汗疹の症状とは?

汗疹の症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

汗疹の症状といえば、炎症を起こして赤いぶつぶつが出来るというのを思い浮かべますよね。

炎症でかゆい

そして、その炎症した部分がかゆくなり、ついついかきむしってしまいさらにかゆくなるという悪循環におちいってしまうのです。

しかし、汗疹は赤くなるだけではありません。

白い水ぶくれ

皮膚の内側に白い水ぶくれが発生することもあります。

こちらの場合、特に何も感じないことが多いため、

  • 発生しても気づかない
  • 気づいても汗疹と思わずにそのままにしてしまう
  • 別の病気の症状と勘違いする
などという事が多いようです。

スポンサードリンク

汗疹はオロナインも効果ある?

もしも汗疹が出来たらどうしますか?

やはり、しっかりと治すためには皮膚科を受診し、薬を処方してもらう事が一番良いでしょう。

しかし、市販薬でも湿疹に対応することはできないのでしょうか?

例えば、ほとんどの家庭においてあるオロナイン。

傷口や皮膚の炎症など幅広い皮膚の症状に対応してくれますよね。

ではオロナインは汗疹にも効果は期待できるのでしょうか?

汗疹にはオロナインよりも皮膚科がおすすめ!

実際に汗疹になった時にオロナインを使用して治ったという口コミも多く寄せられています。

しかし、実際にオロナインの注意書きを見てみると、ただれていたり、かぶれている湿疹には使用しないようにと書かれています。

つまり、正直言って汗疹にはオロナインは向いていないといえるのです。

出来れば、汗疹に市販薬を使う場合には、薬剤師の方に相談し、汗疹専用の薬を購入するようにしましょう。

まとめ

夏になると、大量の汗とともに発生する汗疹。

一度汗疹が出来ると、なかなか治らない厄介なものですよね。

汗疹の原因は、その名の通り汗をかくことによるものです。

だからと言って、汗疹にならないために汗をかかないというわけにはいきませんよね。

ではどうすればいいのかといえば、まずはなるべく汗疹にならないようにしっかりお肌を予防すること。

汗をかいたらその都度きちんとふき取るなどの対策が必要です。

そして、汗疹が出来てしまったら、正しく対処することが大切です。

わざわざ皮膚科などを受診するのはちょっと面倒だと感じ、市販薬で何とか済まそうと思いがちですよね。

でも、自身はよいと思って使用した市販薬で逆に悪化してしまう可能性も考えられます。

汗疹をきちんと治すためには、まず第一に皮膚科を受診すること。

そして皮膚科を受診する時間がなかったり、それほど症状が重くない場合には、薬剤師の方に相談して汗疹に効果の得られる薬を求めるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ