梅雨に下痢が続く原因と対処方法とは?

梅雨に下痢が続く原因にはどんな理由があるのでしょうか?

そして梅雨の下痢の対処方法は、どうするのがいいでしょうか?

お腹の調子が悪いと普段の私生活にも影響があるので解消方法をみていきましょう!

梅雨に下痢が続く原因

特に男性は女性に比べるとお腹が弱いという人が多いですよね。

そして、梅雨の時期になると、なぜか下痢が続いてしまうという人、意外と多いものなんです。

でも、なぜ梅雨の時期になると下痢が続いてしまうかイマイチ理由はわからないのではないでしょうか?

ここでは梅雨の時期の下痢の原因とその対処方法について見ていきたいと思います。

    目次

  • 梅雨の時期に下痢が続く原因とは?
  • 梅雨の時期の下痢、対処方法とは?
  • まとめ
スポンサードリンク

梅雨に下痢が続く原因とは?

梅雨の時期に下痢が続くのは何故でしょうか?

それは梅雨独特の気温差と湿度にあります。

梅雨の時期というのは多くの人が何かしらの体調不良になりやすくなりますよね。

自律神経の乱れが下痢の原因

その大きな原因というのが自律神経の乱れなんです。

梅雨の時期は、低気圧になり、交感神経と副交感神経の調節がうまくいかなくなってしまうのです。

これが自律神経を乱し、下痢の原因となるのです。

気温差が下痢の原因

そして、気温差も下痢の原因の一つ。

梅雨の時期は気温差が激しいというのも特徴ですよね。

そんな気温差に体がついていけず、自律神経が乱れ、下痢になることがあります。

汗をかきにくいことが原因

他にも、湿度が高い梅雨の時期、汗をかいても蒸発しにくいため汗をかきにくい時期でもあります。

そうすると、身体に普段は汗などで体の外に排出されるはずの水分が身体の中にたまり、これが消化器官などに影響を起こして食欲が無くなったり下痢になったりするのです。

梅雨の時期になるとなぜが下痢が続いてしまう人がいますが、それには様々な原因が考えられるのです。

スポンサードリンク

梅雨の下痢の対処方法とは?

梅雨の時期に下痢になってしまったらどう対処すればいいのでしょうか?

湿度を下げる

まず大切なのは、湿度をさげる対策を取るという事です。

湿度が高いと、人はそれだけで憂鬱な気分になってしまいますし、実際に汗をかきにくくなり身体の体温調整も難しくなり、体調不良を引き起こします。

その為、部屋の湿度を50~60%に保つようにしましょう。

汗をかく

次に、しっかりと汗をかくこと。

下痢の原因の一つとして汗をかきにくくなるという事が考えられます。

その為、なるべく汗をかくように心がけることが大切です。

おすすめなのが、やはり運動です。

軽いウォーキングやランニングでも構いませんので、少しでも運動をして汗を促すことで下痢を改善することが出来ます。

しかし、運動は苦手だったり梅雨の時期なので雨が止まず外に出るのが難しいという人もいると思います。

そんな時には、お風呂にゆっくりと使って汗をかくようにするという方法もあります。

身体を冷やさないようにする

下痢をしやすい人は身体を冷やしやすい人が多いものです。

その為、身体を温めるようにすることが大切です。

身体を冷やすのは、気温などだけではなく、食べ物も大きく関係しています。

例えば、

  • アイス
  • 冷たい飲み物
も身体を冷やす原因になります。

この時期には冷たいものはなるべく避け、飲み物も少なくとも常温にしてから飲むことをお勧めします。

そして、甘いものや脂も実は身体を冷やす原因となるのです。

その為、梅雨の時期に下痢が続くときには、

  • 甘いもの
  • 脂っこいもの
は極力避けるというのも下痢の改善に効果があります。

逆に、知っている人も多いと思いますが、ショウガなどは身体を温めてくれるので、料理の隠し味などで極力取り入れるようにするといいですよ。

まとめ

梅雨の時期に下痢になる理由には、梅雨の時期独特の

  • 天候
  • 低気圧
  • 湿度
などが大きく関係しているのです。

しかし、毎年のことだからとあきらめてはいませんか?

しっかりと対策をとることで梅雨の時期になると続く下痢を改善することが出来るのです。

とは言ってももいきなり紹介した全てのことを行うというのもなかなか続けることが難しいですよね。

まずは自分で出来ることから試してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ