指しゃぶりを止めさせる方法は?出っ歯やたこが心配です!

指しゃぶりを止めさせる方法
赤ちゃんの中には、おしゃぶりをやめられない赤ちゃん、指しゃぶりをやめられない赤ちゃんがいます。

おしゃぶりがやめられない子には、ちょっとかわいそうですがおしゃぶりを渡さなければ、最初は大泣きをしたりしてとても可愛そうなのですが、なければしゃぶることが出来ないので卒業させることが出来ます。

しかし、指しゃぶりというのは自分の指をしゃぶっているわけなのでそういう訳にはいきませんよね。

では指しゃぶりやめさせる方法とは、そして指しゃぶりを続けることで起こる事とはどのようなものがあるのでしょうか?

出っ歯になってしまうのは本当でしょうか?指にたこもできてしまうのでしょうか?

スポンサードリンク

指しゃぶりをやめさせる方法とは?

小さな赤ちゃんが指しゃぶりをしているとみていてとても愛らしいものですが、大きくなってきてしまうとちょっと恥ずかしいものですよね。

では、指しゃぶりをやめさせるにはどうしたらよいのでしょうか?

考え方は2つあります!

「1つは指をしゃぶれない状態にすること」そしてもう一つは指をしゃぶった時にまずい味をあらかじめつけておいて「指をしゃぶりたくなくなる状態をつくる」ことです。

指に味をつけておく!

実は指しゃぶりをやめさせる専用のマニキュアというものがあるんです。

ただ、そのマニキュアは本当にまずいようで、大人でもなめたらしばらく忘れられないくらいの味だそうです。

確かにこれで指しゃぶりをやめることが出来た赤ちゃんは多いようですが、赤ちゃんのトラウマになってしまう可能性もあるのであくまで最終手段という形で考えた方が良いでしょう。

指しゃぶりをやめさせたいと思ったら、その赤ちゃんに合った方法で無理なくやめさせてあげることが大切です。

指をしゃぶれない状態にする!

指をしゃぶれない状態にするためには、子供の手に手袋などをはめる方法があります。

指しゃぶり防止手袋

絆創膏やテーピングをするという方法もありますが、その場合は最初は違和感を感じるかもしれませんが、指をしゃぶることが出来ないわけではないのであまり効果がないようです。

手袋なら指をしゃぶることが出来なくなりますが、外れやすいというデメリットもあります。

特に寝ている間に無意識にはずしてしまって指しゃぶりをしてしまうという事もあるようです。

スポンサードリンク

指しゃぶりが原因で出っ歯になるというのは本当?

指しゃぶりで出っ歯
指しゃぶりが原因で起こりうる歯並びの影響の一つが「出っ歯」になることです。

指しゃぶりというのは、特に歯に強い刺激を与えているわけではないので、何も問題はないと思っていませんか?

実はそれは逆なんです。

歯というのは、強い衝撃には強いものの、弱い衝撃を継続的に与えられるという事に弱いんです!

それを応用したのが歯の矯正です。

歯の矯正
矯正器具を継続的に付けることによって歯並びを治すという方法がありますよね。

指しゃぶりもそれと同じように、続けて行うことで派に影響を及ぼしてしまうんです。

それが出っ歯なんです。

指しゃぶりを大きくなってもし続けている子がいたら、そのこの歯並びを見てください。

出っ歯の原因が指しゃぶりになっているという事がありますので、指しゃぶりはすぐにでもやめさせた方が良いでしょう。

指しゃぶりが原因でたこが出来るの?

指しゃぶりのたこ
子供の指しゃぶりが原因で指にタコが出来ることがあります。

子供というのは指しゃぶりをする子がいますが、大きくなるにつれてだんだんと卒業して行きます。

しかし、大きくなっても指しゃぶりをしている、指しゃぶりをする頻度の高い子に多いのが指しゃぶりをしている指にタコが出来るという事です。

指にタコが出来ているという事は、それだけ頻繁に指しゃぶりをしている、もしくは大きくなって指をしゃぶる力が大きくなったという事を意味しています。

そこまでしていても指しゃぶりをしている場合には指のたこだけではなく爪の変形、さらには歯並びなどにも影響が出てくる心配があるので注意が必要です。

指にタコが出来るまで指しゃぶりをしている場合には、指しゃぶりはやめさせてあげた方がよいと言えるでしょう。

まとめ

指しゃぶりというのは子供自身が精神的な安定を求めているなど様々な原因があるようですが、指しゃぶりを頻繁にし続けることで歯並びや指のたこなどの弊害も出てくる場合があります。

小さなうちでは見守ってい揚げるというのも良いですが、あまりにも頻繁にしている、大きくなっても治らないという場合には指しゃぶりはやめさせてあげるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ