梅雨の頭痛の原因と対策!偏頭痛やめまいの対処方法とは?

梅雨の時期に頭痛が起こる原因は何か?そしてどんな対策方法があるのでしょうか。

また、梅雨の時期に起きる偏頭痛やめまいの対処方法についても確認していきましょう。

梅雨の頭痛の原因と対策

梅雨の時期になると、体調の不調を訴える人が増えますよね。

その中でも特に深刻なのが頭痛です。

梅雨の時期に起こる頭痛というのは偏頭痛の場合が多く、病院で見てもらっても原因が良く分からないというのがほとんどです。

では、なぜ梅雨には頭痛が起こるのでしょうか?

原因とその対策について見ていきたいと思います。

    目次

  • 梅雨の時期に起こる頭痛の原因とは?
  • 梅雨に起こる頭痛の対策方法は?
  • 梅雨に起きる偏頭痛やめまいの対処方法は?
  • まとめ
スポンサードリンク

梅雨の頭痛の原因とは?

雨の日というのは、外の雰囲気を見ているだけでも気持ちが憂鬱になってしまいますよね。

実際に雨の日は苦手という人は多いと思います。

そして、梅雨は雨の日が続くので、より体調に不調を訴える人が多いのです。

その中でも頭痛持ちの人は雨の日はその多くの人が頭痛になるといわれています。

その原因はいくつか考えられます。

気圧の変化

まず、考えられるのが気圧の変化です。

雨の日というのは天気予報を見ていると、低気圧の日が多いと思います。

低気圧というのは、空気にかかっている圧が低いので血管が広がりやすくなるのです。

すると、脳の広がった血管が他の神経に影響を与えて頭痛を起こすといわれています。

気分の変化

そしてもう一つの理由が気分です。

やはり雨の日はじめじめしていたり、憂鬱になる人が多いですよね。

これが梅雨の時期には雨と晴れで気分の変化が激しくなり、結果自律神経の乱れを引き起こしてしまうのです。

その為、頭痛持ちの人は偏頭痛を起こしやすくなり、他にもだるさなどを感じる人もいるのです。

スポンサードリンク

梅雨の頭痛の対策方法とは?

梅雨の時期になると起こりやすくなる頭痛、何とか改善する方法はないのでしょうか?

完全に改善することは難しいと思いますが、頭痛の原因が分かればなんとなく改善方法が浮かんでくると思います。

身体を健康な状態にしておく

まずは身体をなるべく健康な状態にしておくこと。

身体が弱っているとどうしても気圧の変化にも影響を受けやすいですよね。

日ごろからバランスの良い食事や適度な運動、そしてしっかり睡眠をとってなるべく健康を心がけるようにするといいでしょう。

ストレスを発散する

そしてもう一つの原因が自律神経の乱れです。

ストレスを溜めると自律神経の乱れにつながりやすくなりますよね。

そうならないためにはまずはストレスを日ごろから発散することも頭痛対策になります。

梅雨の頭痛やめまいの対処法とは?

どんなに対策をしても、梅雨の時期に頭痛を起こしてしまい、さらにめまいや吐き気につながってしまうこともあります。

では、もしも頭痛やめまいが起きたらどうすればいいのでしょうか?

冷やす

まず、頭痛の原因として考えられるのが脳の血管が広がることにより神経を刺激すること。

その為、冷やすことで血管を縮め、痛みを抑える効果が期待できます。

ストレスの場合はリラックスをする

ただ、ストレスが原因の場合には逆効果になります。

ストレスが原因の場合には、まずはその時にかかっている外部的ストレスを解消(リラックスできる服に着替えるなど)することが大切です。

どうしても頭痛が改善されないときは、市販されている鎮痛剤を使用するのも一つの方法です。

まとめ

梅雨の時期の頭痛は、気圧の変化やストレスなどいろいろな理由が考えられます。

特に偏頭痛を持っている人にとって梅雨というのは本当につらい時期でもありますよね。

しかし、原因さえわかれば症状によって改善する方法はありますし、もしも頭痛が起こった時その場で対処する方法もあります。

そのままにしておくと、どんどん症状が進行してしまうことも考えられますので、出来るだけ対策をしていくようにしましょう。

もしも頭痛で生活に支障をきたす場合には、専門医に相談することをお勧めします。

梅雨というのは憂鬱な時期でもありますが、なるべく気にせず元気に毎日を送っていくようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ