ふくらはぎがつる治し方!痛みが治らない時の対処法とは?

ふくらはぎがつる事でおきてしまう痛みが治らないときの対処法や治し方には何があるのでしょうか。

ふくらはぎがつる対処法

ふくらはぎというのは、なんの予兆もなしに急につることがありますよね。

痛み自体はそのままにしておいても自然に引いていきますが、その痛みが引くまでは結構つらいものがあります。

出来れば、少しでも早くその痛みを取り除きたいものですよね。

では、ふくらはぎがつった時の激痛には湿布が有効なのか、塗り薬やマッサージが効果があるのかなど、つることが原因による痛みの対処法や対策について確認していきましょう。

    目次

  • ふくらはぎがつる痛みが治らないときの対処法
  • ふくらはぎがつった時に塗り薬は効果がある?
  • ふくらはぎがつった時マッサージは効果があるの?
スポンサードリンク

ふくらはぎがつる痛みが治らないときの対処法

ふくらはぎがつると、つった瞬間はもちろん、そのあともしばらく痛みが続きますよね。

すぐに痛みが引けばいいのですが、なかなか痛みが引かないというときは結構つらいものがあります。

そんな時はどうすればいいのでしょうか?

ストレッチ

一番簡単に出来るのがやはりストレッチです。

しかしやり方を間違うと、逆効果になってしまうので注意が必要です。

もしもふくらはぎがつってしまったら、ゆっくりとすわって(座れない人は立ったままでも)ゆっくりとふくらはぎを中心に足を延ばしていくといいでしょう。

叩いて痛みをごまかすのはNG!

よくふくらはぎがつると少しでもその痛みを改善するために痛い部分をたたいたりする人がいます。

しかし、これはさらに筋肉が傷んでしまうので絶対にやってはいけません。

ふくらはぎがつったとき湿布は有効?

ふくらはぎがつった時に、対処方法として湿布を貼る人がいますよね。

特に、冷たい冷湿布なら、ひんやりして足の痛みも引いた感じがしますよね。

温湿布が有効!

しかし、ふくらはぎがつった時にはどちらかというと温湿布がおすすめ。

なぜなら、ふくらはぎがつる原因の一つとして、

  • 足の冷え
  • 血流の流れが悪い
ということが考えられるからです。

その為、冷湿布を貼ってたとえ気持ちよく感じてもそれは筋肉疲労が取れているという事で、あまりふくらはぎがつった時の痛みには効果は期待できません。

もしもふくらはぎがつった時に湿布を使用する場合は、血管を温める「温湿布」がおすすめです。

スポンサードリンク

ふくらはぎがつった時に塗り薬は効果がある?

ふくらはぎがつった時の痛みは、捻挫や炎症に似ていますよね。

その為、同じように塗り薬を使えば早く痛みが引くのではと思っている人もいるのではないでしょうか?

しかし、あくまでふくらはぎがつるというのは筋肉の収縮が原因です。

そのため塗り薬を塗ってもあまり効果は得られないようです。

ふくらはぎがつった時マッサージは効果があるの?

ふくらはぎがつってしまった時、まず行うのが痛みが生じているふくらはぎのマッサージではないでしょうか?

確かにふくらはぎがつった時には、マッサージはより早く痛みが取り除ける効果が期待できます。

マッサージは優しく!

ただ、やり方によっては逆効果になるどころか肉離れなどを起こしてしまうこともあるので注意が必要です。

やってしまいがちなのが、力を入れてマッサージをするという事。

ふくらはぎがつっている時、筋肉が収縮異常を起こしているので、そこで無理に力を加えてはいけません。

ふくらはぎがつってしまったら、あくまでやさしくマッサージをするようにしましょう。

まとめ

急にふくらはぎがつってしまうと、その急激な痛みからしばらく動けず、痛みがなかなか引かないという事も多いですよね。

その為、少しでも早く痛みを解消するためにその人によって対処方法は様々だと思います。

ただ、その対処方法、本当に正しい方法で行っていますか?

実は、ふくらはぎがつってしまった時の対処方法を、中には自分自身は改善されている、良い方法だと思っていても実は効果がなかったり、逆効果だったりすることもあります。

ふくらはぎがつってしまい、痛みが続く時には、正しい方法でより早く痛みを改善していきたいものですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ