日焼けケアにローションや化粧水やクリームどう使い分ける?

日焼けケアローション化粧水クリームなどいろいろありますが、どのようなメリットや役割があるのでしょうか。

日焼けケアローション

暑い季節になると気になるのが日差しですよね。

日差しにはたくさんの紫外線が含まれていて、直接浴び続けることで身体に害を及ぼすものです。

そうならないためにも日焼けケアは欠かせないものですよね。

ただ、日焼けケアといってもいろいろなタイプがありますが、実際にどれが一番効果的なのが選ぶのは難しいと思います。

さらに日焼けケアには、

  • 一つだけ使えばいいのか?
  • いくつか組み合わせて使ったほうがいいのか?

はっきり知っているという人は少ないと思います。

では、ここでは日焼けケア商品をタイプごとに見ていきたいと思います。

目次

  • 日焼けケアにローションタイプを使うメリットは?
  • 日焼けケアで化粧水の役割とは?
  • 日焼けケアにクリームを使うときの選び方と使い方は?
スポンサードリンク

日焼けケアにローションタイプを使うメリットは?

ローションタイプの日焼け止めにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

メリット

ローションタイプの日焼け止めの最大の魅力は、他のタイプと違い、毎日気軽に使うことができるということですよね。

付けてもほとんど違和感がなく、塗った後もさらっとした障り心地で白くなりません。

その為、塗った後も塗ったことを意識せずに使うことができます。

そして最近のローションタイプの日焼け止めには、化粧下地も兼ねていたり、美容成分を含んでいるものもあります。

その為、他の化粧品と同じ感覚で気軽に使うことができますし、面倒くさがりな人でも簡単に使うことができるといえると思います。

デメリット

ただ、ローションタイプは使いやすい分、落ちやすいということも気にしなくてはいけません。

そして、刺激が強いものにはお肌への負担も大きくなるので、そういう場合には別のタイプの日焼けケアをお勧めします。

日焼けケアで化粧水の役割とは?

日焼けというのは、火傷の一種です。

その為、火傷のケアと日焼けケアには似たところがあります。

日焼けというのはその部分が水分不足になっているので十分な保湿が必要になってきます。

そこで化粧水で保湿をすることが必要になってくるというわけです。

保湿をして不足した水分を補う効果!

普段使っている化粧水でも構いませんし、美白化粧水を使っても大丈夫です。

ただ、日焼け直後には美白アイテムは避けることをお勧めします。

なぜなら、美白アイテムにはビタミンCが配合されていることが多いからです。

実はビタミンCには美白効果は期待できますが、日焼けをして弱ったお肌には刺激が強すぎるのです。

もしも美白アイテムを日焼けケアに使うのであれば、日焼けの赤いひりひりとした炎症が収まってから使用するようにすることをお勧めします。

スポンサードリンク

日焼けケアにクリームを使うときの選び方と使い方は?

日焼けケアにクリームを使う場合には、選び方・使い方が大切になってきます。

まず、日焼けをしたら一番大切なのは冷やすこと。

日焼けはやけどの一種と考えられるので、まずはそれを抑えることが大切になってきます。

そして、日焼けした場所は水分が少なくなっているので次に大切になってくるのが保湿です。

しっかりと化粧水などで保湿をしてあげることが大切です。

水分を逃がさないように抑える役割!

ただ、保湿をしてもそのままにしてしまえばすぐにその水分は失われてしまいます。

そうならないために必要になってくるのがクリームなのです。

クリームは水分にしっかりと蓋をする役割を持っています。

特におすすめなのは、アロエ配合のクリームや馬油です。

アロエも馬油も昔からやけどをした後の処方役として用いられているものなのでお勧めです。

まとめ

日焼けをしたら、とにかくしっかりとケアをしてあげることが回復への近道ですし跡も残りにくくなります。

日焼けのケアにはまずは日焼けをしないようにしっかりと日焼け止めを使用すること、そして日焼けをしてしまったらしっかりと保湿をしてその水分を逃がさないように抑えることです。

つまり、日焼けケアはローション・化粧水・クリームを上手に組み合わせて使うことが大切になってくるのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ