日焼けケアを顔や腕にする方法は?日焼けケアに美白は必要?

日焼けケアはどうやったらいいの?という人も多いのではないでしょうか。

日焼けケア

日差しが強い季節になると、どうしても日焼けをしてしまうことってありますよね。

そんな日焼けをしたところ、どうしていますか?

日焼けをした後は、そのままにしておくと、悪化してしまったり最悪の場合は跡になってしまうこともあります。

そうならないためにもきちんと日焼けケアは必要になってきます。

ただ、一言に日焼けケアといっても、どの場所も同じように行えばいいというわけではありません。

では、ここでは日焼けケアについて見ていきたいと思います。

    目次

  • 日焼けケアを顔にする場合はどうしたらいい?
  • 日焼けケアを腕にする場合はどうしたらいい?
  • 日焼けケアに美白は必要?
スポンサードリンク

日焼けケアを顔にする場合はどうしたらいい?

まず、顔の日焼けケアはどうしたらいいのでしょうか?

冷やす!

日焼けといっても、火傷の一種となりますから、まずは冷やすことが大切です。

顔の場合には濡れタオルなどで顔を当てて冷やすのが一番簡単ではないでしょうか。

それが終わったら次に必要になってくるのが保湿となります。

保湿する!

実は日焼けというのはお肌の水分が奪われている状態でもあるのです。

その為、しっかりと保湿をすることが大切になってきます。

もちろん普段使っている化粧水でもよいのですが、日焼けをした顔は、普段よりも敏感になっています。

出来れば低刺激のものを使用することをお勧めします。

日焼けの程度がひどい場合には、ただ化粧水を塗るだけでは追いつきません。

その場合にはローションパックなども有効ですよ。

そして保湿をしたら、クリームやオイルなどを塗ってしっかりと水分をお肌に閉じ込めてください。

日焼けケアを腕にする場合はどうしたらいい?

日焼けといってまず思い浮かべるのは腕ではないでしょうか?

スポンサードリンク

炎天下で思い切り遊び、気が付いたら腕が日焼けで真っ赤になってピリピリしてしまっているなんて言うことありますよね。

そんなときもしっかりとケアしてあげることが大切です。

冷やす!

まずは顔と同じように冷やしてあげることが必要です。

家であれば、冷たいシャワーを浴びたり、水風呂などに入るといいでしょう。

しっかりと冷えてきたら今度は保湿です。

保湿する!

顔と同じように化粧水を使用するのもいいのですが、腕であれば軟膏を塗って皮膚を保護してあげるとより効果的です。

腕の場合には、しばらくすると皮膚がむけてしまいますよね。

どうしても気になってめくってしまいますが、そうすると直りが遅くなってしまいます。

さらに、皮がむけているというところは水分が足りていない証拠なので、また軟膏を塗りなおすようにしましょう。

日焼けケアに美白は必要?

日焼け後に美白ケアをすることで、焼けてしまった肌を元に戻すことはできるのでしょうか?

もちろん、日焼けをした後に美白ケアをすることはとても大切なことです。

出来れば、日焼けをしてしまったその日からしっかりと美白ケアすることをお勧めします。

ただ、美白ケアは日焼けをしてしまってから行うというものではなく、普段から行っておくものですよね。

日焼けしてしまってから美白ケアをしても、確かに効果を得られますが、紫外線をなかったことにしたりする効果があるものではありません。

一番大切なのは、日焼けケアとして美白ケアをするのではなく、まずは日焼けをしないようにしっかりと事前にケアをしておくことなのです。

まとめ

暑い季節になると、どうしても日焼けをしてしまいますよね。

大切なのは事前に日焼け止めクリームなどで日焼けをしないようにすることですが、日焼けをしてしまった後もしっかりとしたケアが大切になってきます。

日焼けはやけどの一つです。

対処をしないとより悪化してしまう可能性も少なくありません。

もしも日焼けをしてしまったらなるべく早く正しい方法を日焼けケアをするようにしましょうね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ