日焼けのかゆみで寝れない時の対処法!ぶつぶつや湿疹ができたら?

日焼けの後のかゆみはちょっとつらいですよね?

日焼けかゆみ

日差しの下でのレジャーはとても楽しいものででが、どんなに対策をしてもどうしても避けられないのが日焼けです。

特に海やプールなどで遊んだあと、思い切り日焼けすると、あとでその日焼けの部分がとてもかゆくなったなんていう経験はありませんか?

時にはかゆくて我慢できずについついかきむしってしまうなんて言うことも。

ただ、日焼けとかゆみはあまり関係のないもののような気がしませんか?

ここではそんな日焼けとかゆみについて見ていきたいと思います。

    目次

  • 日焼け後のかゆみで寝れないときの対処法とは?
  • 日焼けのかゆみでぶつぶつや湿疹ができてしまったら?
  • 日焼けによるかゆみの原因は?
スポンサードリンク

日焼け後のかゆみで寝れないときの対処法

日焼けがかゆくて眠れないなんて言うときもありますよね。

レジャーで日焼けをして次の日仕事や学校なのに眠れないとなるととても困ります。

ではそんな時にはどう対処したらいいのでしょうか?

保湿をする!

まずは、保湿をしてみましょう。

日焼けはかゆいのでついついガシガシ洗ってしまいがちですが、ガシガシ洗ってしまってはいけません。

そうすると余計悪化してしまうだけではなくかゆみが強くなります。

身体をやさしく洗ったら、化粧水などでよいのでしっかりと保湿をするとかゆみが和らぎます。

冷やす!

次に冷やすことも有効です。

日焼けはやけどの一つなので、冷やすことで日焼けやそれに伴うかゆみも緩和されます。

さらに実は市販のかゆみ止めも効果が期待できます。

日焼けのかゆみでぶつぶつや湿疹ができてしまったら?

日焼けによるかゆみはつらいものですが、これはやけどの一つと考えてほぼ間違いないと思います。

スポンサードリンク

そんな日焼けですが、ひどくなってしまうとぶつぶつや湿疹ができてしまうことがあるのです。

そうなってしまうと見た目も痛々しいものになってしまいます。

なぜぶつぶつや湿疹が出てしまうのかというと、日焼けによって皮膚の水分が失われてしまい、皮膚が乾燥してしまうからなんです。

もしもぶつぶつや湿疹ができてしまったら日焼けの重症のサインです。

この場合には、そのままにしておくとさらに炎症がひどくなったり跡が残ってしまう可能性があります。

そうならないためにも、薬を使用するなどしっかりとケアしてあげることが必要になっていきます。

日焼けによるかゆみの原因は?

日焼けをすると発生するかゆみ。

日焼けとかゆみは一見して関係がなさそうなのでなぜ起こってしまうのでしょうか?

やけどを修復するための反応!

それは、日焼けは軽いやけどの一種と考えられるからです。

やけどを修復するために身体ではリンパ液が集まり、それが水膨れとなります。

この水ぶくれがかゆみの原因となっているのです。

たとえ目には見えないかもしれませんが、皮膚の下にはたくさんの小さな水ぶくれが発生しているのです。

実は、日焼けの中でもかゆみを発生させているということは、炎症が、皮膚だけではなく皮下組織まで及んでいる状態になっているのです。

そうなってしまったらそのままにせずにきちんと対処してあげることが必要になってくるのです。

まとめ

どうでしたか?

日焼けがかゆくなってしまうとついつい無意識に掻いてしまうなんて言うこともありますよね。

中にはかゆくても特に何もせずにそのまま治るのを待っているなんて言う人もいるかもしれません。

しかし、日焼けがかゆくなるということは、すでに日焼けの中でも重くなっている証拠なのです。

かきむしってしまうことはもちろんだめです。

きちんと保湿をしたり、冷やしたり、薬を塗るなどやけどと同じようにしっかりと対処することが必要になってきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ