マスクでメガネが曇る時の対策!曇らない方法や曇り止め方法

マスクでメガネが曇る

マスクをするとメガネ曇るので何とかしたいと思いますよね!

そこでマスク着用時のメガネの曇り対策や曇らない方法と曇り止めについて見てみましょう!

風邪予防や花粉対策のため外出時にマスクをする人も多いですよね。

しかしこのマスク、メガネをしている人にとってはちょっと厄介なもの!!

なぜかというと、マスクをすることによってレンズが曇ってしまうからです。

ただ曇るだけならいいのですが、移動中などの時に曇ってしまうと結構危険ですし、イライラしてしまいます。

ではなぜマスクをするとメガネが曇ってしまうのでしょうか?

その原因と対策方法を見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

マスク着用時のメガネの曇り対策方法とは?

そもそもなぜマスクをするとメガネが曇ってしまうのでしょうか。

その原因は温度差にあります。

曇りの原理とは?

よくものを磨くときに息を「ハァーッ」と吹きかけてから拭くときってありますよね。

なぜ息を吹きかけるかというと、水分がついてより汚れが落ちやすくなるからです。

この時に息を吹きかけたものに付着するのが水蒸気です。

透明なコップなどに息を吹きかけるとわかりますが、一時的に白く曇りますよね。

これと同じことがマスクをしているとメガネに起こるわけです。

マスクをしていると吐いた息は水蒸気となり、隙間のある上へと上がっていきます。

そこにあるのがメガネ。

つまりメガネをかけている人がマスクをすると眼鏡に直接息を吐きかけている状態になってしまうのです。

そして冷たいメガネに温かい息がかかることで息が水蒸気となりメガネが曇ってしまうのです。

スポンサードリンク

つまりはメガネに息がかからないようにすれば必然的にメガネは曇らなくなるというわけですね。

マスク着用時にメガネが曇らない方法とは?

では、どうしたらマスクをしてもメガネが曇らなくなるのでしょうか?

先ほど言ったように、暖かい息が直接メガネにかからなくすればいいわけです。

実は、曇らないマスクが販売されています!

普通のマスクよりも割高になってしまいますが鼻の部分に隙間を作らないことでウィルスをガードする率が高くなるだけではなく、直接息がメガネ部分まで抜けなくなるため、曇らなくなるのです。

メガネが曇ることにそこまでお金をかけたくないという人は、普段使っているマスクの上の隙間部分にティッシュなどをあてがって隙間を埋めるという方法もあるようです。

ただ、その場合はあまり効果がなかったり、意外と面倒だという人も多いので、できれば専用のマスクを使用する方がいいかもしれませんね。

マスクの着用時のメガネの曇り止めとは?

実は、マスク着用時のメガネの曇りが気になるという人に、マスクではなくメガネの方にも対策をすることができます。

それがメガネの曇り止めクリーナーです。

よく車のガラスの曇り止めスプレーなどがありますが、まさにそれのメガネ版というわけです。

毎日の眼鏡ふきにちょっと使うだけでメガネが曇るのをだいぶ防ぐことができるようです。

毎日頻繁に使うのであれば、やはりスプレータイプをお勧めしますが、ちょっと手軽に使いたいというのであれば、シートタイプのものもあります。

これらはメガネ屋さんでなら確実に販売されていますし、コンビニやドラッグストアなどでも購入することができます。

まとめ

どうでしたか?

普段からメガネをかけて生活をしている人は、メガネが曇ってしまうというのは結構厄介で深刻な問題だったりしますよね。

特に冬の寒い時期はどうしてもメガネが曇ってしまいます。

そうならないためにもちょっとした工夫やアイテムを使うことで解消できるのでぜひ自分に合ったものを試してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ